ジンギス・カン(1965)

じんぎすかん
上映日
1965年7月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション 歴史劇

ここが見どころ

バークリー・メイサーの原作をクラーク・レイノルズとビヴァリー・クロスが共同で脚色、「不思議な世界の物語」のヘンリー・レヴィンが監督した歴史アクション。撮影は「ベケット」のジョフリー・アンスワース、音楽は「長い船団」のデュッシャン・ラディックが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のオマー・シャリフ、「ローマ帝国の滅亡」のスティーブン・ボイド、「女が愛情に渇くとき」のジェームズ・メイスン、「勝利者(1963)」のイーライ・ウォラック、「柔らかい肌」のフランソワーズ・ドルレアック、ほかにテリー・サヴァラス、ロバート・モーリー、マイケル・ホーダーンなど。

「ジンギス・カン(1965)」のストーリー

800年前のモンゴルは諸部、氏族がたがいに争いあっていた。テムジン(オマー・シャリフ)はそんな激動の世に育った逞しい青年だった。父が某族の首長ジャムガ(スティーブン・ボイド)に四肢裂きの刑に処せられたのを目撃してから、野望を抱くようになった。同じ民族が争うのは愚かしいこと、俺の力で統合を試みよう、と決心したのである。テムジンは徐々に同志をふやした。それでもシナ皇帝の使節カム・リン(ジェームズ・メイスン)に連れられて万里の長城の偉容を見せられたときは驚きを禁じ得なかった。皇帝はテムジンたちを手厚くもてなしたが、態のいい虜囚であった。テムジンの勢力を恐れたのである。ある日、満州族がポンペイを占領、北京に迫っているとの報告がもたらされた。テムジンはこの機を利用して兵力を増強、同時に満州族を討とうと考えた。満州族の先頭に立っている男は例のジャムガであった。テムジンの勝利に終わった。それを祝い、皇帝は彼にジンギス・カンという名を贈った。しかし皇帝はモンゴル人を長城の外に出そうとはせず、ジャムガにジンギス・カンを殺させようとした。その直後カム・リンはこれをジンギス・カンに内報、皇帝暗殺を暗示した。テムジンはそれを実行し、一挙に城外へなだれ出た。ジャムガも単身混乱を利用して逃れた。カム・リンとテムジンの絆は固く結ばれた。シナ、ロシヤ、インド、サマルカンドと、ジンギス・カンの前に敵はなかった。そしてペルシャに向かった。そのぺルシャではジャムガが巧みに王にとり入りジンギス・カンを迎え撃とうとしていた。そしてジャムガは、ジンギス・カンに倒され、彼も深手を負ってしまった。妻ボルティ(フランコイズ・ドレアック)の手を握って死んでいった。

「ジンギス・カン(1965)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジンギス・カン(1965)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年7月22日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ジンギス・カン(1965)」のみんなのレビュー

「ジンギス・カン(1965)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。