自由の旗風(1924)

じゆうのきふう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・C・デミル氏作のベラスコ当り狂言を映画化したもので、「船に打ち乗り海原さして」等と同じくエルマー・クルフトン氏が監督したものである。主役はパート・ライテル氏の弟ウィルフレッド・ライテル氏と故マーサ・マンスフィールド嬢で、J・バーニー・シェリー氏ウィルバー・フォックス氏、ジョージ・バッカス氏ローズメリー・ヒル嬢等が助演する。

「自由の旗風(1924)」のストーリー

南北戦争も終りに近い頃南軍は食料列車の到着を待った。ヴァージニアの名門ウォーレン将軍は南軍の一将として特にこのことに心労していた。彼の娘アガサは北軍の青年士官バートンと恋仲で戦争中再開し敵味方ではあるがバートンを招待することになった。バートンは休暇を乞うと北軍の密書を持って行けと命令された。南軍がそれを見て食料列車の道路を変更するのを途中で先回りをして破壊する計画だった。北軍の計画は失敗しバートンが携えた密書は発見され南軍の食料は途中で失われた。バートンは恋人とその父をあざむくことに忍びず遂にすべてを物語った。彼は密偵として射殺されることになった。刹那南軍リー将軍の降伏の報が伝わった。アガサはバートンを助けるのに努力したので彼は無事に北方に帰った。五年後バートンはグリフィン将軍と共にヴァージニアのウォーレン家を訪づれてすべての誤解は去り、将軍たちは親しく握手しアガサとバートンとの仲は更に濃やかになった。

「自由の旗風(1924)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「自由の旗風(1924)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 フォックス映画
レイティング

「自由の旗風(1924)」のみんなのレビュー

「自由の旗風(1924)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。