自由の翼

じゆうのつばさ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「裏町」「蒼白いまぶた」のアイリーン・ダンと「大帝国行進曲」「林檎の頬」のクライヴ・ブルックが主演する映画で、「三角の月」「生の創め」のエリオット・ニュージェントが監督にあたった。原作はイギリス劇作家ジョン・ヴァン・ドルーテン作の舞台劇で「今日限りの命」のドワイト・テイラーが脚色に任じた。助演俳優は「風雲の支那」のニルス・アスター、「相寄る魂」のローラ・ホープ・クルーズ、「愛の鳴咽」のヘンリー・スティーブンソン、「暴君ネロ(1932)」のヴィヴィアン・トビン等で、撮影は「立ち上がるアメリカ」「頓珍漢外交ゼネバ行」のエドワード・クロンジェガーの担任である。

「自由の翼」のストーリー

悪妻をめとって結婚生活に失望しているゴードンはパリへ逃避し来って忘却の苦杯を日夜あおって板。ところが一夜ある会の席上で彼はセイラという婦人と会い、お互いに心を惹かれたのでる。セイラも結婚に失敗した、似た境遇の女性であったが、彼女は夫と離婚してゴードンと共にロンドンへ帰った。ゴードンの妻は離婚には内諾を与えていたので、彼は大戦中受けた銃弾を剔出することができたら、セイラと家庭を作ろうと楽しみ、再び弁護士として起こった。彼が法律界に復活して名声を挙げると、彼の妻は俄に離婚を肯じなくなった。そのためセイラは陰の女として、ゴードンとの忍ぶ恋地の逢う瀬を楽しむことに満足しなければならなかった。さて月日を経たある日、ゴードンの友人がセイラを訪れて、政府はゴードンを顕官に任命したく思っているがセイラとの関係があるために実現されないと告げた。愛人のために彼女は別れ話を持ち出した。唯一の慰安を失ったゴードンは、百に1つの望みしかない銃弾剔出の難手術を捨て鉢になって受けることになる。病院でセイラはゴードンの妻と初めて会った。2人の女の争いはゴードンの母親の情ある裁きで、愛なき妻は身を引くこととなる。今は、セイラにとっては愛するゴードンの手術が成功することを祈りさえすればいいのだ。愛の祈りが通じたのか、焦慮の数時間の後ゴードンは眼を開けて微笑した。セイラはかつてパリで初めて会ったとき歌った想い出の唄を低唱するのであった。かくて2人は相携えてパリへ赴き、新生の第1歩を踏み出したのである。

「自由の翼」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「自由の翼」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「自由の翼」のみんなのレビュー

「自由の翼」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません