自動車恋愛

じどうしゃれんあい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

エドナ・フェーバー女史の原作に基づきジューン・メイシス女史が脚色し、「夜の馬鹿」「灯消えぬ」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督したもので、主役は「恋の荒野」「自由結婚」等主演のコリーヌ・グリフィス嬢で対手役は「ダルシー」「騒擾の巷」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、ワード・クレーン氏を始め、ジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏、エディス・チャプマン嬢等が助演している。

「自動車恋愛」のストーリー

新聞社の案内広告係をしているバッブス・コメットは毎朝の出勤に自動車のただ乗りをした。彼女が街角に立って誰かに秋波を投げるときまって自惚れ男は彼女を自動車に招じ入れた。ある朝彼女は出勤時刻が迫ったので自動車の選択をしている暇がなく粗末な自動車に乗せて貰った縁でロイド・ホワイティングという青年と友達になった。彼女はロイドを好いたらしい男とは思ったが富豪でない彼とは結婚しようなどとは夢にも思わなかった。彼女は貧乏娘の癖で玉の輿を夢見ていた。ある日夕方からロイドはバッブスと自動車遠乗りをする約束をしていたが途中自動車の故障のために約束の刻限に間に合わなかった。自尊心を傷付けられたバッブスは折から通りかかったスペンサー・クラークに誘われるままその自動車に同乗した。彼は金持だったがバッブスは虫が好かぬので嫌っていたのだが、ロイドに待ち呆けを食らわされた腹立ちまぎれに同行したのだった。スペンサーは彼女を怪しげな宿屋に連込もうとしたのでそれを振り切って彼女は夜っぴて歩いて明け方近く家に辿り着いた。家族は彼女の行為を誤解したがただ1人ロイドは彼女の靴を見て彼女の潔白を信じてくれた。バッブスはロイドの人となりを初めて本当に知り彼と結婚した。

「自動車恋愛」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「自動車恋愛」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「自動車恋愛」のみんなのレビュー

「自動車恋愛」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません