地獄の埠頭

じごくのふとう
上映日
1956年6月30日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「狂恋の果て」のフランク・タトルが監督。撮影は「マッコーネル物語」のジョン・サイツ、音楽は「愛欲と戦場」のマックス・スタイナー。主演は「マッコーネル物語」のアラン・ラッド、「死刑5分前」のエドワード・G・ロビンソン、「覆面の騎士」のジョーン・ドルウ、助演はウィリアム・デマレスト、ポール・スチュワート。

「地獄の埠頭」のストーリー

無実の殺人罪で投獄されやっと出所した元警官スティーヴ・ローリンス(アラン・ラッド)は刑務所の入口で、妻のマーシァ(ジョーン・ドルウ)と警部補ダン・ビアンコの出迎えを受けるが、何故か冷たい空気が流れる。妻が自分の不在中に一時ではあったが、不倫の恋に陥ったことで、喜んで迎えを受けるわけにはいかなかった。サンフランシスコに姿を見せたスティーヴはボスであるヴィクター・アマト(エドワード・G・ロビンソン)が未だにこの漁師たちの間に勢力を持っていることを知る。それに彼の競争相手のフランク・ラゴーニが行方不明になっていた。更にフィアスケッティ老人が溺死体となって発見される。その裏にアマトの魔手が秘んでいるに違いない。スティーヴを刑務所に送ったのはアマトではなかったろうか?アマトの事務所には甥のマリオと殺し屋のジョオ・レイが常勤している。スティーヴの妻は、波止場のボスに抵抗することは一命にかかわるとさとすが、彼はききいれない。悪徳刑事のコンナースが訪れてスティーヴを買収しにかかったが、彼は一蹴する。スティーヴは以前ラゴーニの共同経営者だったパスモニックを訪れる。しかしパスモニックは何者かに脅迫されているのか口を割らない。スティーヴは息子のジョージに目をつけ、ジョージからラゴーニが殺されたことを聞き、その犯人がブラック・エヴァンスであることを聞く。その夜ナイトクラブでマリオをおびき出し、ブラックの居所をつきとめる。おののくマリオは叔父のアマトに一部始終を話す。アマトはスティーヴの殺害を命じるが、ビアンコ警部補の登場で、立場が逆転し、ブラックを殺人容疑で逮捕し、検察本部にマリオを参考人として拘留するようネヴィル警部に要請する。アマトハマリオトブラックの暗殺を殺し屋のジョオ・レイに命じる。2人は何なく殺されるが、ジョオは貰い分の少なさを親分アマトに文句を云う。アマトはジョオの腹部へ拳銃を見舞う。その乱発の音を聞いたスティーヴは、快速ボートで高飛びしようと計ったアマトを桟橋でつきとめ、疾走するボートの上で大乱闘となる。遂にスティーヴは勝利を得、アマトは警察艇に収容される。

「地獄の埠頭」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の埠頭」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年6月30日
製作会社 ワーナー映画
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「地獄の埠頭」のみんなのレビュー

「地獄の埠頭」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません