地獄の天使(1967)

じごくのてんし
上映日
1968年3月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

E・ジェームズ・ロイドの脚本を、T・C・フランクが監督にあたった若者を描いた作品で、スタッフ、キャストともにオフ・ハリウッド系の人材でかためている。撮影はグレゴリー・サンドール、音楽はマイケル・カーブが担当した。出演はトム・ローリン、エリザベス・ジェームズ、ジェレミー・スレートほか。

「地獄の天使(1967)」のストーリー

アメリカ西海岸の田舎町。緑の山を背にしたこの町は、一見のどかで何の変哲もないが、実は“天使たち”と呼ばれる若者が、日夜、町の人々を脅かしているのだった。ナチ風のミリタリー・ルックに身をかため、オートバイに乗って非行の限りをつくす彼らは、実のところ“地獄の天使”たちだった。町の人々は怖れ、おびえ、かかわり合いになることを恐がり、警察も無力だった。ある日、天使たちが車に乗った青年に暴力をふるったが、人々は皆、見てみぬふりをするばかり。そこへ1人の若者が立ち向かった。彼の名はビリー(トム・ローリン)といい、インディアンの血をひく混血の青年である。彼は闘ったが結果は留置場入り。町の人々の警察への不信は、いよいよ高まった。天使たちは、さらに強い刺激を求めるようになり、町の少女たちを彼らのアジトに連れ込むようになった。町の少女ばかりではない。ある日たまたま、この町を通りかかったビッキー(エリザベス・ジェームズ)という娘さえ拉致し監禁した。彼女は何とか逃れ、町の人に助けを求めたが、後難を恐れてか、誰も手をさしのべようとしない。これら集団暴行事件に警察もやっと動き出したが、本人も家族も何もしゃべらないため捜査は難行。しかしその時、暴行されたルーアンの父親が娘を証人にすると名乗りをあげた。しかし天使たちは、ルーアンを連れ出し、父親に脅迫の電話をかけた。一方、病院に収容されていたビッキーが証人になることを承諾した。だが天使たちは、彼女をも病院から連れ出した。彼女を救ったのは偶然、現場にいあわせたビリーである。彼は傷心のビッキーを、山にある自分のトレーラーに連れていった。だが、そこへも天使たちはやって来て、ビリーを痛めつけた。こうなっては、警察は何の役にもたたない--。ビリーはショット・ガンを持って、天使たちのアジトに向かった。火を吹く銃。ボスのダニーが倒れた。いまだ傷いえぬビッキーを病院に運べと叫ぶビリー。そして間もなく警官隊が到着した。ボスを失った天使たちは警官隊に簡単に屈服した。天使の1人と思い込んだ警官はビリーの背に銃をあびせる。彼は、かつてビッキーと楽しい一時を過ごした山のトレーラーの側に倒れていた。パトカーで駆けつけたビッキーの心は、ビリーへの深い愛情で満たされていた。

「地獄の天使(1967)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の天使(1967)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1967
公開年月日 1968年3月20日
製作会社 アメリカン・インターナショナル
配給 東和
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「地獄の天使(1967)」のみんなのレビュー

「地獄の天使(1967)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません


「地獄の天使(1967)」を観ているあなたにおすすめの映画