地獄の銃火

じごくのじゅうか
上映日
1952年11月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「西部の怒り」と同じくウィリアム・J・オサリヴァンが製作、ダレルとスチュアート・マクゴワンが脚色、ウィリアム・エリオットとマリー・ウィンザーが主演した西部活劇1949年作品。助監督出身のR・G・スプリングスティーンが監督に当たり、撮影は「硝煙の新天地」のジャック・マータ、作曲はデール・バッツ。助演者はフォレスト・タッカー(「暴力帝国」)、ジム・デイヴィス、H・B・ワーナー、ポール・フィックスら。

「地獄の銃火」のストーリー

賭博師のゼブ・スミス(ウィリアム・エリオット)は、酒場の喧嘩で危うく命を落とすところを、巡回牧師に救われたが、そのため牧師は殺されてしまった。ゼブは牧師の悲願だった教会の設立を受け継いで、暴力に訴えずやり遂げる誓いを立てた。ゼブは、ふとしたことから、悪名高い女盗賊ドル・ブラウン(マリー・ウィンザー)と知り合って、彼女の首に5000万ドルの懸賞金のかかっていることを知り、この5000万ドルで教会を建てようと密かに企てた。彼はうまく彼女にとり入り、一緒にテクサスに帰ろうと持ちかけ、彼女を自分に惚れさせるように仕向けた。ドルは無法者のストナー兄弟の長男リュウと結婚したのだったが、リュウを殺したのだ。そのため保安官のバッキー(フォレスト・タッカー)とストナー兄弟の両方から追われていた。ゼブはドルと一緒に旅をつづけるうちに、バッキーがドルの妹のジェーンと幸福な結婚をしていることを知った。ドルは酒場女を装ってオガララに行き、バッキーの様子を探ろうとしたが、ゼブはドルが捕まりそうなのを知って自ら保安官代理になり、彼女を投獄した。ゼブの本心を知って、ドルと彼はあわや射ちあおうとしたとき、間に入ったバッキーはドルの弾丸に傷ついた。ゼブが医師を探しに行った間に、ストナー兄弟が現われた。危うくドルが殺されようとしたとき、現われたゼブはストナー兄弟を倒した。傷ついたドルはゼブに優しく抱かれた。

「地獄の銃火」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の銃火」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1949
公開年月日 1952年11月15日
製作会社 リパブリック映画
配給 リパブリック日本支社=NCC
レイティング

「地獄の銃火」のみんなのレビュー

「地獄の銃火」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません


「地獄の銃火」を観ているあなたにおすすめの映画