地獄の女アンドロイド

じごくのおんなあんどろいど
上映日
1991年6月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF ホラー

ここが見どころ

美しいアンドロイドが殺人鬼となって5年前のレイプ事件の復讐をするSFホラー。監督はオプチカルSFXマンのアーネスト・ファリーノ。製作はジョン・シュワイラー、デイヴィッド・デコトー。脚本はジョセフ・ドハーティー、デイヴ・エディソン。撮影はトーマス・L・キャラウェイ。ジョン・マサリ。出演は「狼男アメリカン」のデイヴィッド・ノートン。共演はクレア・レン、ブルース・デイヴィソン。

「地獄の女アンドロイド」のストーリー

ロサンゼルスで連続惨殺事件が発生した。調査の結果、被害者がいずれも5年前のレイプ事件に関与していたことが判明した。その事件とは、4人の被告が無罪になり、レイプされたゲイリー・モートン(クレア・レン)が裁判所の屋上から身を投げて自殺したというものだった。ゲイリーの兄で物理学者のアルバート(ブルース・デイヴィソン)は、この事件をきっかけに復讐の鬼と化し、五年の歳月をかけて妹に生き写しの武装アンドロイドを作りだしていた。実は連続殺人事件の犯人はこのアンドロイドだったのだ。アルバートは、このアンドロイドをレイプ事件の主犯ダニエルのもとへ送り込んだ。最後の処刑が行われようとしていたが、刑事ダン(デイヴィッド・ノートン)はこれを阻止すべく戦いに挑む。

「地獄の女アンドロイド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の女アンドロイド」のスペック

基本情報
ジャンル SF ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年6月22日
製作会社 シネマ・ホーム・ビデオプロ作品
配給 ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「地獄の女アンドロイド」のみんなのレビュー

「地獄の女アンドロイド」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。