アメリカを斬る

あめりかをきる
上映日
1970年6月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

現実の断面し示す数々の事件を明滅させ、そこに今日のアメリカと若者の姿を見ようとした作品。製作はジェラルド・ウェクスラー、監督・脚本・撮影は「バージニア・ウルフなんかこわくない」でアカデミー撮影賞を受けたハスケル・ウェクスラー、音楽はマイク・ブルームフィールド、カメラはハスケル・ウェクスラーとマイケル・マーギュリースがそれぞれ担当。出演は「レッド・ムーン」のロバート・フォスター、新人ヴァーナ・ブルーム、ピーター・ボナーズ、「ハワイアン・パラダイス」のマリアンナ・ヒル、ロバート・マッカンドリュー、ウィリアム・シッキンガーなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

「アメリカを斬る」のストーリー

1968年、シカゴ。あるテレビ局のニュース・カメラマンであるジョン(ロバート・フォスター)は、きまりきった日常のニュースの撮影の仕事に追われていた。しかし、そんな単調な仕事のくり返しの毎日でも、彼は少しも嫌気がさしたりしなかった。彼には「俺はいつも自分の仕事をしているんだ」という自負があった。それは、彼のひとつの夢につながっていた。それは、録音担当の親友ガス(ピーター・ボナーズ)と一緒に、シカゴのスラム街に移ってくるアパラチア山地の貧民の実状を、ドキュメンタリー・フィルムで紹介するという夢だった。彼には看護婦をしているセクシーな女ルース(マリアンナ・ヒル)という恋人がいたが、彼女に対する恋心はアイリーン(ヴァーナ・ブルーム)に出会ってから、次第に冷めていってしまった。アイリーンはアパラチア移住者街に住み、父のない息子を育てるためひとり苦闘していた。取材に協力してくれるアイリーンをカメラでとらえているうちに、ジョンとアイリーンはいつしか愛し合うようになっていた。だが、テレビ局のニュース・ディレクター(ウィリアム・シッキンガー)は、ジョンが他の仕事のをおろそかにし、アパラチア人の問題に夢中になっていることを理由に、彼に解雇を言い渡すのだった。生活基盤を失ったかに見えたジョンだったが、そんな彼を、若い映画製作者ペニー・ベイカー(ロバート・マッカンドリュー)が拾いあげた。そして、ジョンは早速仕事を開始。米民主党全国大会と、その期間の若者の反戦デモの取材に当たった。やっとジョンは、生傷をむき出しにしてうごめいているアメリカの現実と、本当に向かい会える場所を見つけたように感じた。その仕事は、大変激しい混乱の中に彼を倦き込み、劇的に展開される現実の姿が、彼の前に露呈されていた。懸命に取材を続けていたジョンのところへ、アイリーンが不安な様子でかけつけて来た。彼女の息子が鳩を探しに出かけたまま戻らないというのだった。ジョンは取材を中止し、アイリーンとともに少年を探すため車を走らせた。しかしそのすぐ後で、ハンドルをきりそこねた車は、街路脇の樹木に追突し、一瞬にして2人の生命を奪う。それは、いつかジョンが取材した光景に似ていた。激動する現実のすぐそばで、不条理の空間がポッカリ口をあけていた。空へ飛び立った鳩を求めていった少年は、どこまでいったらその鳩をつかまえられるのだろうか。その鳩は、まだアメリカの空を飛んでいるのだろうか?

「アメリカを斬る」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アメリカを斬る」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年6月20日
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「アメリカを斬る」のみんなのレビュー

「アメリカを斬る」のレビューを書く

「アメリカを斬る」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「アメリカを斬る」を観ているあなたにおすすめの映画