地獄極楽

じごくごくらく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ハーシェル・S・ホール氏作の小説に基づいてエリオット・J・クローソン氏が脚色し、「巨弾霹靂」「命を売る男(1925)」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので主役は「金色の寝床」「女人禁制」等出演のヴェラ・レイノルズ嬢と新進のウィリアム・ボイド氏で、「君が名呼べば」「富に群がる者」等出演のナイジェル・バリー氏を始めウォルター・ロング氏、ベン・ターピン氏、チャールズ・マレイ氏、ホバート・ボスウォース氏、ウィリアム・V・モング氏等が出演している。

「地獄極楽」のストーリー

ある製鉄所の職工ウォーリー・ゲイは若い希望に燃える男で仲間のグーフィと親しくしていた。職工長ウォルドロンは奇妙にゲイを嫌って辛く当たった。溶鉱炉が修理を要するようになった時ゲイは画策するところがあったが職工長はもとより容れない。かえって溶鉄運搬係にして苦しめた。社長が令嬢アミーを連れて工場視察に来たとき溶鉄が流出してアミーが危険に瀕したときゲイは挺身アミーの生命を護った。アミーはゲイの勇敢な同時に親切な心を頼もしく思い秘かに胸を踊らせた。そうして父に頼んでゲイに溶鉱炉修繕をさせることにした。ウォルドロンは嫉妬と羨望と憤悶とを抑えきれずゲイに失策させようと企んで職工たちを誘ってゲイに助力せしめぬことにした。しかしゲイの奮闘的精神は一同の同情を買い溶鉱炉の修繕はなった。ウォルドロンはグーフィに懲らされた。令嬢とゲイとの結婚の日も遠くはあるまい。

「地獄極楽」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄極楽」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 ビー・ディー・シー映画
レイティング

「地獄極楽」のみんなのレビュー

「地獄極楽」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。