地獄からきた焔

じごくからきたほのお
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

E・P・ロウ氏原作、リー・ベイアード嬢脚色「一瀉千里」等と同じくダブリュウ ・エス・ヴァン・ダイク氏が監督したもので1971年のシカゴ大火を取り入れたロマンスである。主役は「虚栄の市(1923)」等主演のメーベル・ボーリン嬢で相手役は「売られていく魂」等出演のフランク・メイオ氏が演じ、ハリー・T・モーレイ氏、ワンダ・ホウリー嬢、アーリン・プリティ嬢、トム・サンチ氏等助演者の顔振れは素晴らしいものである。

「地獄からきた焔」のストーリー

シカゴのランドルフ美術店で古名画が盗まれた。門番モルガンは誰が犯人か探そう とすると支配人メロンは却ってモルガンを犯人だろうと言った。ランドルフは娘クリスティンを伯爵に婚しようとしたが娘は自ら模写した名画が監査委員会を通過したときにと言った。とあるカフェーでクリスチィンが危難に遭おうとしたときモルガンが助けた。監査の当日モルガンは模写は創作的な筆触がかけているから駄目だといったのでクリスティンは激昂した。その席上メロンの悪事が露見して獄に送られ、メロンの後をモルガンが襲って支配人となった。クリスティンはモルガンを憎んだが憎悪は何時の間にか愛に変わっていた。1871年10月8日シカゴに大火災が起ったとき、騒ぎにまぎれてクリスティンを弄ばんとしたメロンを倒してモルガンは彼女を抱いた。

「地獄からきた焔」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄からきた焔」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 アソシエーテッド・エキジビターズ映画
配給 アソシエーテッド・エキジビターズ映画
レイティング

「地獄からきた焔」のみんなのレビュー

「地獄からきた焔」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?


「地獄からきた焔」を観ているあなたにおすすめの映画