ジゴ

じご
上映日
1963年11月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ハスラー」でアカデミー賞候補に上ったジャッキー・グリーソンが自作、自演し、作曲もした。製作は「パスカービル家の犬」のケネス・ハイマン。脚色は「八月十五夜の茶屋」のジョン・パトリックが担当、俳優ジーン・ケリーが演出した。出演者はジャッキー・グリーソンの他に子役ダイアン・ガードナー、「情婦マノン」のガブリエル・ドロジェルほか。撮影は「黒いオルフェ」のジャン・ブールゴアンで、パリ・ロケによって作られた。

みんなのレビュー

「ジゴ」のレビューを書く

「ジゴ」のストーリー

1920年代のパリ。ジゴ(ジャッキー・グリーソン)は口が不自由でお人好しのアパートの小使だが乏しい給金でクッキーを動物達に与える愛すべき大きな体の男である。ある夜、彼の「趣味」である他人の葬式の帰り、町の男に酒を飲まされての帰途、ニコル(ダイアン・ガードナー)という少女とその母親のコレット(キャスリン・カース)が雨の中をある家の戸口にうずくまっているのに同情し、2人を自分の住居である地下室に連れて帰った。そしてニコルはだんだんジゴになついていった。ある日、ジゴの貧しさを罵って出て行こうとするコレットをニコル可愛さに、ベーカリーの金を盗み出し、2人に振舞った。その夜コレットは情婦と外泊、翌朝帰ってみると2人がいなくなっているのをジゴがニコルを誘拐したのだと騒ぎ立てる。街の人たちは集まって家捜ししているうち、盗んだ金の包んであった金袋を発見された。当のジゴは、地下室の下にある穴倉で遊んでいたが、天井がくずれ落ち、ニコルが下敷きになり、気を失う。彼は彼女を救け出すと、教会にかつぎ込み、牧師に医者を呼んでもらう。だが、街の人に見つかり、追われて逃げるうち、セーヌ河に落ち、姿を消す。街人は彼が死んだものと思い、その死を悼んで盛大な葬式を営んでやった。翌日、彼の葬式が行なわれると、生きていたジゴがこっそりとその後をつけていた。

「ジゴ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジゴ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1963年11月8日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ジゴ」のみんなのレビュー

「ジゴ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。