Gガン

じーがん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「無限の青空」「支那ランプの石油」もパット・オブライエンと「青春の抗議」「Gメン」のマーガレット・リンゼイが主役を勤める映画で、P・J・ウルフソンが書き下ろし、「黒地獄」「特高警察」のアベム・フィンケルがハロルド・バックリーと協力脚色し「有頂天時代(1930)」(グッドニュース)のニック・グラインドが監督に当たり、撮影は「青春の抗議」「火の鳥」のアーネスト・ホーラーが担任した。助演者は「情無用ッ」のシーザー・ロメロ、「一対二」のロバート・アームストロング、「化石の森」のディック・フォーラン、「弾丸か投票か」のジョセフ・キングおよびリチャード・バーセル、「コリーン」のアディスン・リチャーズ、その他である。

みんなのレビュー

「Gガン」のレビューを書く

「Gガン」のストーリー

ジュディス・ロバーツ・マロックは夫ジーン・マロックが悪党であることを知らずに結婚した。そしてマロック一味の犯した罪の共犯者として刑務所に服役し、3年の後釈放された。Gメンのリイ・レヤードとジーン・ファーガスンは彼女を訊問して未逮捕のギャング首領を逮捕しようとするが、彼女は全然知らない事なので何とも答られない。ジュディスと同じ刑務所に収容されているマロックは、彼女が出所する前に面会を乞うて許可される。その際ジュディスが離婚すると言ったので、彼は自分等2人の間にでしゃばる奴は容赦無く殺してしまうと脅かす。出所したジュディスは変装し、過去を忘れるためパーム・ビーチへ行き、そのところで金持ちのトミイ・マッケイと恋に落ち、彼女は暗い過去を打ち明ける時がないうちに彼との結婚を承諾した。マロックは彼女の婚約を新聞で知ると、当局に重大な証言をすると申し出て、ニューヨークへ護送される途中列車から飛び降り、警察の目を眩ましてしまう。レヤードはパーム・ビーチでジュディスを見つけ、マロックを誘いよせるためにマッケイとの結婚式を挙げるように勧める。しかし怖じ気づいたマッケイはちょっとした怪我を口実にそれを拒絶したので、レヤードは嫌がるジュディスを無理に納得させ、自分の顔をすっかり包帯で包み、マッケイになり済まして偽の結婚式を挙げ、見物人中にGメンを張り込ませておく。果たしてマロックはやってきたがGメンの姿をみて立ち去る。牧師は偽の花嫁だと気付かず型どおりに式を済ませた。レヤードはジュディスの反対を押し切って一緒に新婚旅行に出発し、マロックを誘いよせ様とした。彼がホテルの室をちょっと出た間に、マロックは窓から忍び入る。ジュディスはレヤードの身を救うために彼に従いて行った。マロックと乾分のルイは彼女を隠れ家に引き込み、キューバ行きの便船を待った。ジュディスは秘かに電話線を切断し手紙を結んで往来に垂らしておく。幸に電話工夫が発見し直ちに司法省に通知する。レヤードとファーガスンの2人は酔っぱらいの漁師に変装して隠れ家に乗り込んだが、マロックは気付いて烈しい撃ち合いとなり、2人のGメンはついに一味に捕らえられた。彼らは2人と彼女を小汽船に連れ込むが、そのところで警官隊に逮捕され、マロックは射殺された。今まで憎しみばかりを表面に現していたジュディスとレヤードは、この時始めてお互いの恋心に気付き、偽の結婚式を本当のものにしようと思う。

「Gガン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「Gガン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング

「Gガン」のみんなのレビュー

「Gガン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません