雨のランチプール

あめのらんちぷーる
上映日
1956年4月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

タイロン・パワー、マーナ・ロイ共演で「雨ぞ降る」という日本題名で公開された映画の再映画化で、原作はルイス・ブロムフィールドのピュリッツアー受賞小説『雨季来たる』。製作は「聖衣」のフランク・ロス、脚色は小説家マール・ミラー、監督は「足ながおじさん」のジーン・ネグレスコ。音楽は「夢去りぬ」のヒューゴー・フリードホーファー、撮影監督は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナー。パキスタンに2ヵ月ロケをした。出演者は「プロディガル(1955)」のラナ・ターナー、「聖衣」のリチャード・バートン、「殺人者はバッジをつけていた」のフレッド・マクマレイ、「楽し我が道」「恋人騒動」のジョーン・コールフィード、「一獲千金を夢見る男」のマイケル・レニー。

「雨のランチプール」のストーリー

インドのランチプールにイギリスの貴族アラン・エスケス卿(マイケル・レニー)が、アメリカ生まれの夫人エドウィーナ(ラナ・ターナー)を連れてやってきた。2人は政略結婚で結ばれた身の上で、エドウィーナは我侭な浮気女だったが、これを知る大公妃は最初から彼女を白眼視した。大公妃の晩餐会に臨んだ夫妻は、土地の高官や名士に会う。その中の1人トム・ランサム(フレッド・マクマレイ)は、エドウィーナと幼馴染の土木技師だが、人生に幻滅を感じ酒びたりになっていた。トムは可憐な娘ファーン(ジョーン・コールフィールド)を同伴してきたが、彼女はアメリカの大地主サイモン家の娘で、気にそまぬ結婚を強いられていた。歓迎晩餐会でエドウィーナは、英本国で教育を受けたインド人の若い医師サフティ(リチャード・バートン)の魅力に惹きつけられた。夫のアランとサフティの間に虎狩りに行く相談がまとまると、サフティの保護者である大公妃の意見を拒絶して、エドウィーナも参加を申し出る。しかしアランが虎狩りで重傷を負い入院している間に、サフティとエドウィーナは恋に落ち、大公妃は彼女の追放を決意する。やがて季節風が吹き始め、豪雨についで大地震と洪水が起きた。エドウィーナはランチプールを去れなくなり、それは純情なファーンに慕われて、いたたまれなくなったトムも同様だった。サフティはエドウィーナの存在を忘れて病人たちの治療に精を出し、洪水の危険もトムの努力でくい止められた。エドウィーナはサフティの愛をしりぞけて夫アランとランチプールを去り、ファーンとトムは結ばれるのだった。

「雨のランチプール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雨のランチプール」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1956年4月3日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「雨のランチプール」のみんなのレビュー

「雨のランチプール」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。