女装陸戦隊

じょそうりくせんたい
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「轟く天地」「森の男(1933)」等のヘンリー・ハサウェイが西部劇を卒業して監督にあたった映画で、「冷蔵庫の赤ん坊」「麦畑を荒らす者」のリチャード・アーレンが「美人探し」のアイダ・ルピーノと「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンスを相手に出演するもの。原作はフィリップ・ワイリーが執筆し、脚色には「快走艇」のバイロン・モーガンがジョール・セイヤーと共同した。撮影は「森の男(1933)」「轟く天地」のベン・F・レイノルズの担当。助演者は「女難アパート」のグレイス・ブラッドリー、「轟く天地」のモント・ブルー、「新世紀」のファジー・ナイト、「美人探し」のトビー・ウィング等。

「女装陸戦隊」のストーリー

アメリカ陸戦隊の軍曹ラッキー・デーヴィスは蛮地の勤務から久しぶりでアメリカへ帰ってくると、士官学校人学の許可が本部からでていたので、その晩早速祝杯を挙げに出掛けた。彼には酔うと女に羽目を外す悪い病気があるので出世を目前に控えて、その晩は相当警戒していたのだが、ジョー・ジョーというダンサーに引っ掛かって上官の機嫌を損ねて、折角の機会を棒に振ってしまった。というのもスパッドという水兵上がりの運転手が査閲点呼の場所にジョー・ジョーを引っ張って来たためだった。だからラッキイはスパッドに復讐する機会を狙っていた。ある雨の夜、歩哨にまわされたラッキイはスパッドの運転する自動車が無断で通過しようとしたのを見て、車のガラスに発砲した。ところが乗っていたのが生憎と指令官だったので彼は再びフィリピンの蛮地勤務に回されてしまった。これもスパッドのためだと思うとふと残念で堪らなかった。旨く計略を用いてスパッドに陸戦隊を志願させ、彼らは2人共フィリピンに行くことになった。丁度そのころ世界1周旅行にでかけていた金持ちの娘の1団が難船に会い、フィリピンの奥の蛮地に赴き、凶暴な山賊と戦って無事に彼女たちを助けだした。その間に命を助け合ったことからラッキイとスパッドの仲も解け、2人は首尾よく山賊の主領セラノを捕えて男を挙げた上、ラッキイは娘たちの1人エスターとの恋も得た。帰米すると早速ラッキイとエスターはスパッドの自動車で教会へ駆け付けたのである。

「女装陸戦隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女装陸戦隊」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「女装陸戦隊」のみんなのレビュー

「女装陸戦隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?