女性暴君

じょせいぼうくん
製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「ブダペストの動物園」と同じくラスキー作品で「地獄特急」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディが、「闇の口笛」のアーネスト・トルエックス、「お仰いましたわネ」「ミイラ再生」の、デイヴィッド・マナース、「笑う罪人」「沈黙(1931)」のマージョリー・ランボーと共演するもの。ジュリアン・トンプソン作の舞台喜劇に基づいて「快走艇」「キートンの歌劇王」のラルフ・スペンスが脚色して台詞を書き添え、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが台本を作製し、ウォルター・ラングが監督に当たり、「嵐の国のテス(1932)」「あめりか祭」のハル・モーアが撮影した。助演者はオリンピック女流水泳選手ヘレン・マジソン、「第一年」のモード・エバーン、「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、タイニー・サンドフォード等。

「女性暴君」のストーリー

紀元前800年、ギリシアが覇を唱えていた頃、さすがのギリシアも攻略することができない国があった。それはボンパスという女権王国で、女王ヒッポリタが女権政治を行い、王妹アンチオープが女軍を指揮して奮戦して外敵の侵入を許さなかった。この女権国では軍人は女で、男は家庭内にあって家事万端を処理するというならわしであった。それは恋愛結婚などの場合には申し込みをするのは女で、男は女の暴力の前に降伏するほかはないという次第であった。ギリシア軍は勇将シシアスのもとにハーキュリーズ、アジャックス、ホーマー等の幕僚を従え、ボンパス国に攻め入った。国難に際して神官のポンポジアは、女王ヒッポリタがサピエンスと結婚しなければ、国礎揺らぐ可しとの神託を宣した。ヒッポリタは国のために好まぬ婿ではあったが我慢して結婚した。ところで王婿となったサピエンスはボンパス国での男権主義者で、女権万能を快からず思い、男権拡張に暗躍している獅子身中の虫であった。ボンパス国の女軍が強いのは、女王ヒッポリタが結んでいる帯に神通力があるためであったが、この秘密を知ったのがギリシア軍のハーキュリーズで、一挙に勝を制するにはまずこの帯を手に入れるに如かずと肝胆を砕いた。女軍の総師たる王妹アンチオープは未婚の美女であったが、胆力腕力ともに秀でて、彼女の婿たる男子はなかった。ところが一日、戦場で彼女はギリシア軍の大将シシアスの颯爽たる男ぶりを見て心を惹かれ、シシアスもまた勇将の妻にはアンチオープの如き女こそふさわしけれと思った。が今は戦い、両軍の大将の一騎打ちが始まった。さすがはシシアスで、彼の剣士としての腕前にはアンチオープは武装解除をするのを余儀なきに至った。シシアスは彼女を陣営に伴い帰って、恋を打ち明けた。恋を語らった経験のない彼女は恥じらうばかりであったが、シシアスはいよいよ喜んだ。さて一方サピエンスは遂にヒッポリタが帯をはずして置いたのを見すまし、隙を見て盗み出してハーキュリーズに渡した。このためギリシア軍と女軍が正面衝突をするや、女軍は闘志なく喜んで捕虜となり、ギリシア兵士に抱かれた。かくて両国に和平条約が締結され、サピエンスはヒッポリータに代わって王座に就き、ボンパス国に号令することとなった。アンチオープがシシアスの妻としてギリシアに赴いた事はいうまでもなかろう。

「女性暴君」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女性暴君」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「女性暴君」のみんなのレビュー

「女性暴君」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「女性暴君」を観ているあなたにおすすめの映画