女性の罠

じょせいのわな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「君恋し」「中華街の夜」と同じくウィリアム・A・ウェルマン氏の監督作品でエドウィン・バーク氏の原作をバートレット・コルマック氏が改作し、ルイズ・ロング女史が脚色したもの。主演者を演ずるのは「踊る人生」のハル・スケリイ氏、「アリバイ」のチェスター・モリス氏、「野球時代」「ブロードウェイ(1929)」のイブリン・ブレント嬢でその他にウィリアム・ダウィッドスン氏、レスリー・フェントン氏、ガイ・オリヴァー氏等が助演している。カメラは「サンダーボルト(1929)」「君恋し」のヘンリー・ジェラード氏が担任。

「女性の罠」のストーリー

ニューヨークの警察につとめる探偵ダンにはレイという弟とやさしい母親があった。彼の家の近くにキティーという娘がいたが彼女にはエディーという弟と頑固な父親とがいた。レイとエディーとは友達同志だったが家での境遇はまるで違っていた。レイは兄や母から可愛がられるのにエディーは父親から目の仇にされていた。この2人の若者は何時からか人目を忍んで酒の密輸入などをやっていた。レイがその仕事を兄のダンに発見されんとした時、彼は罪をエディーになすりつけた。ダンがエディーに訊問すると彼はレイの仕業だと言った。このことからキティーとダンは口論した。そしてついに頑固なキティーの父親はダンの家へ押しかけてゆき物のはずみからダンの母親を盲目にしてしまった。ある夜、レイは仕事中を役人に捕らえられんとしてその男を傷つけ、殺人を犯したものと信じて高飛びした。ダンは署を引いて探偵事務所を開いた。だが母が失明して弟が行方不明となってから彼は次第に狂暴となって行った。その後エディーは一人前の密輸入者となり、ダンを訪れて取り調べの手を引くように要求した。彼の申し出が断られるや街上に爆弾騒ぎが起った。ダンはえでぃーを補縛しキティーの哀願にもかかわらず彼を投獄した。キティーはダンの仕打ちを怨み復習の決心をした彼女は高飛びをしていたレイが帰って来たのを見つけ計略を以ってあるホテルに待たせておいた。そしてダンの出世を嫉むロット探偵からある犯人がいるとダンに伝えさせた。ダンが来て見れば犯人というのはレイのことであった。ダンは兄の情として弟を捕らえるに忍びなかった。キティーはさすがに気の毒になった。だが時すでに遅く手配は充分ほどこされレイの逃れ出るスキはなかった。レイはこれまでと別室で自殺を遂げた。深い憂いに沈むダンをキティーは慰めた。2人はお互いの気持ちを了解することが出来た。

「女性の罠」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女性の罠」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング

「女性の罠」のみんなのレビュー

「女性の罠」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません