女囚の生活

じょしゅうのせいかつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「母」「たそがれの女」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、ドロシー・マッケイとカールトン・マイルス合作の舞台劇に基づいて「仮面の米国」のブラウン・ホームズがウィリアム・マクグラスおよびシドニー・サザーランドと共同して脚色し、「五里霧中」「逃走の島」のハワード・ブレザートンがウィリアム・ケイリーと共同して監督に当たった。カメラは「女性に捧ぐ」「十三号室の女」のジョン・サイツの担任である。助演者は「海底マラソン」「ドクターX」のブレストン・S・フォスター、「春なき二万年」のライル・タルボット「ラスカ」「タクシー」のドロシー・バージェス、「放浪の王者(1930)」「凸凹海軍」のリリアン・ロス、デウィット・ジェニングスス等である。

「女囚の生活」のストーリー

感化院を出たナン・テーラーは依然として善からぬ所業に耽るうちドンとマイクという2不良青年と知り、自分が一見貴婦人風なのを利用してロサンゼルスで銀行強盗を企てるが、彼女は逮捕される。地方検事の事務所で彼女は故郷の幼馴染みデーヴ・スレードに会う。彼はロサンゼルスで一方の有力者であり、改革者として勢力があった。スレードは昔からナンを愛していたので、彼女はそれを利用して放免されることを計画するが、スレードの純情を知って、思わず自分が強盗の一味であることを告白してしまう。スレードは正しい男であったので、そのことを検事に告げるので、彼女は懲役の判決を下される。彼女はスレードに裏切られたと思い、冷たい復讐の念を胸に抱いて下獄する。スレードは、機会あるごとに手紙を出して面会に行ったものであるが、ナンは頑として会わない。そのうち、昔の仲間の1人のレフティが面会に来て、ドンとマイクが壁一重隔てた所に投獄されていると語り、破獄の計画を打ち明ける。ナンの仕事は女囚監房区の大扉の鍵の型を取ることと、それをレフティに手交することだった。ナンは首尾よく型をとったが、レフティの都合で面会できないので、スレードを利用することを思いつき、面会したい由を彼に云い送る。スレードは喜び勇んで刑務所に現れ、ナンを慰め出獄に尽力することを約束する。彼は帰途ナンの封書をポケットに発見してしばらく躊躇するが、やがて投函する。ところが、その頃レフティが検挙されていたので、手紙は警察で開封され、刑務所へ送られる。ドンとマイク、ナンの3名は破獄の最中であったが、直ちに発見され、男2人は銃弾に倒れる。ナンはそのためにあらゆる恩典を取り上げられたがスレードの裏切りに依る失敗と確信していたので、表面極めて従順に、刑期の済むのを待つのであった。出獄の日、彼女はその足でスレードを訪れ、裏切りを罵った挙げ句ピストルを射つ。弾丸はスレードの右腕に命中する。その音で探偵を始め大勢の人々が現れるが、スレードは異状なき由を皆に語る。探偵に向かって彼は、まもなくナンと結婚することを告げる。探偵は彼に腕の傷を早く手当するように告げて立ち去る。ナンは初めて自分が昔からスレードを愛していたことを自覚する。女囚ナンと伝道者スレードの結婚ニュースは彼女の居た女囚房にも伝わり、人々をすべて驚かしたのであった。

「女囚の生活」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女囚の生活」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ナショナル社
レイティング

「女囚の生活」のみんなのレビュー

「女囚の生活」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。

「女囚の生活」を観ているあなたにおすすめの映画