雨にぬれた舗道

あめにぬれたほどう
上映日
1970年2月28日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

年下の青年を愛した女性の、母性愛的心情と、甘くせつない追憶を描いた叙情編。監督はドキュメンタリー畑出身の「ジェイムス・ディーン物語」で知られるロバート・アルトマン。リチャード・マイルズの原作を脚色したのはギリアン・フリーマン、撮影は新人ラズロ・コバックス、音楽は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョニー・マンデル、美術をレオン・エリックセンがそれぞれ担当。製作はドナルド・ファクターとレオン・ミレル。出演は「下り階段をのぼれ」のサンディ・デニス、テレビ出身の新人マイケル・バーンズ。他にスザンヌ・ベントン、ジョン・ガーフィールド・ジュニア、ルアナ・アンダースなど。イーストマンカラー、スタンダード。1969年作品。

「雨にぬれた舗道」のストーリー

秋の冷雨にけぶるバンクーバー。独身の30女フランセス・オーステン(サンディ・デニス)は、公園のベンチでションボリ雨にうたれている青年(マイケル・バーンズ)に魅かれ、自分のアパートに連れ帰り、濡れた服を脱がせ、食事を与えるなど介抱したが、青年は言葉が不自由かと思われるほど無言だった。青年の家は大家族で、姉ニーナ(スザンヌ・ベントン)やその恋人ニック(ジョン・ガーフィールド・ジュニア)は、ふしだらな生活にあけくれ、そんな中で、青年は孤独な毎日を送っていたのだった。フランセスは、彼の肉体に魅かれて幾度も彼を誘惑したが、青年は応じなかった。青年の興味はフランセスの持つ金にあり、彼女自身には関心を持っていないのだった。しかしそれを知ってもフランセスの心は揺がず、青年の気に入ろうとするあまり、若い娼婦(ルアナ・アンダース)を買い、彼にあてがうまでになった。が、実際に娼婦と青年の甘い囁きを戸口で聞くうち、フランセスの嫉妬は押えがたく、情事の最中の娼婦を刺殺してしまった。おびえ逃げようとする青年に、フランセスは優しく愛の告白をはじめた。青年の目からいつしか涙があふれだしていた。(松竹映配配給*1時間47分)

「雨にぬれた舗道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雨にぬれた舗道」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年2月28日
製作会社 ファクター・アルトマン・ミレル・プロ作品
配給 松竹映配
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「雨にぬれた舗道」のみんなのレビュー

「雨にぬれた舗道」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「雨にぬれた舗道」を観ているあなたにおすすめの映画