情熱なき犯罪

じょうねつなきはんざい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「犯罪都市(1931)」「暗黒街の顔役(1932)」「特急20世紀」の共同脚色者ベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが独立してプロダクションを興しての題1作作品で、2人が競作した小説「法のカバレロ」を、原作者たり、プロデューサーたる両氏が共同して脚色し監督したもの。撮影は「ブタペストの動物園」「上海特急」のリー・ガームスが当たった。主なる出演者は「透明人間」のクロード・レインズ、メキシコ生まれの新人女優マーゴ、ブロードウェイのダンサーたるウィットニー・バーンで、スタンリー・ジェス、ポーラ・トルーマン、エスター・デール等。

「情熱なき犯罪」のストーリー

『法律で罰せらるべき唯一の犯罪は愚鈍である』という持論を持っていた弁護士のリー・ジェントリーは、女にかけても相当の腕前を持っていた。彼の最近の恋人はケティ・コステロという金髪美人であったが、彼女は彼の前の恋人カーメンと完全に手を切らなくては結婚しないと言ったので、ジェントリーは一計を案じて、カーメンの昔の恋人エディ・ホワイトをナイト・クラブのカーメンの部屋に誘い出し、2人が会った後に現れて、カーメンの不貞を罵倒し、縁を切ると宣言して帰った。カーメンは翌晩ジェントリーに電話を掛け、来なければ自殺すると脅かした。仕方なく彼女のアパートを訪れ、争いとなった末、彼女の自殺を恐れて前もって取り上げておいたピストルで、誤って彼女を打ち倒した。ジェントリーは自分が殺人を犯したものと思い込み、アリバイを作る為に狂奔した。彼の計画は上手くいった。最後にジェントリーがカーメンのナイト・クラブに何食わぬ顔で現れた時、彼は昔の恋人のデラに会い、彼女が彼のアリバイを打ち壊す証拠を握っていることを知って、彼女を脅したり機嫌を取ったりした。そこへ、デラの現在の恋人エディ・ホワイトが来て、争いとなり、ジェントリーは大勢の前でエディを射殺した。警官がジェントリーを引き立てて行くとき、彼は殺したと思っていたカーメンの踊る姿を見て驚いた。カーメンは傷ついて一時気を失っていたのであった。ジェントリーは地方検事の辛辣な取り調べを受け、自殺を企てたが果たさず、刑務所へと送りこまれたのである。

「情熱なき犯罪」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「情熱なき犯罪」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 パラマウント提供映画
レイティング

「情熱なき犯罪」のみんなのレビュー

「情熱なき犯罪」のレビューを書く

「情熱なき犯罪」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「情熱なき犯罪」を観ているあなたにおすすめの映画