ジョー

じょー
上映日
1971年10月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

ドラッグ・カルチュア(麻薬文化)に蝕まれている現代アメリカの若者たちと、戦争体験をもつ旧世代との、決して埋めることのできない溝を鋭く捉えた作品。製作はデイヴィッド・ギル、監督・撮影はジョン・G・アヴィルドセン、脚本はノーマン・ウェクスラー、音楽はボビー・スコット、編集はジョージ・T・ノリスがそれぞれ担当。出演は「アメリカを斬る」のピーター・ボイル、「屋根の上の赤ちゃん」のデニス・パトリック、スーザン・サランドン、パトリック・マックダーモットなど。

みんなのレビュー

「ジョー」のレビューを書く

「ジョー」のストーリー

ニューヨークのダウンタウンで、麻薬の密売人フランク(パトリック・マクダーモット)と同棲していたメリッサ(スーザン・サランドン)は、麻薬で昂揚した身体を押さえ切れず、スーパー・マーケットの商品棚を破壊して警察の厄介になってしまった。メリッサの父ビル・コンプトン(デニス・パトリック)は有名な広告代理店の重役である。警察からの通報で娘の入院を知り、彼女の衣服をとりに彼女のアパートを訪ね、そこで逢ったフランクに、娘を堕落させた張本人として激しい怒りを覚え、口論の末、誤って殺してしまった。興奮を鎮めるためにバーに立ち寄ったコンプトンは、そこでジョー(ピーター・ボイル)に会った。ジョーは沖縄激戦の勇士で、魂を失ったような現代の若者たちに激しい憤りをおぼえ、「ヒッピーどもをぶち殺せ!」と叫び出した。その言葉を聞いて、「俺は今その害虫を1人殺してきた」とつい口走ってしまって、一瞬狼狽したコンプトンは、「今のは冗談だよ」と誤魔化したが、ジョーに名前を覚えられてしまった。事件は発覚し、捜査が開始されて数日後、コンプトンのところにジョーから電話がかかった。ジョーの目的は意外に、社会主義の実行者コンプトンとの親交であった。こうして上流階級者コンプトンと、一介の労働者ジョーとの奇妙な友人関係が始まった。メリッサは愛人フランクの死を知り、絶望して行方不明となってしまった。コンプトンとジョーはメリッサを求めて彷徨し、2人はグリニッチ・ビレジのヒッピーのたまり場に行き着いた。香をたいた臭いに引き込まれるように麻薬を試してみた2人の前に、桃源郷をさまよう全裸の女が現われ、ジョーは恍惚の世界に入り込んでいった。若い柔肌に魅きつけられている間に、2人の財布がヒッピーたちに盗まれてしまった。怒ったジョーは、ヒッピーたちの隠れ家をつきとめ、いきなり銃の引き金を引いた。追いついたコンプトンは、目の前の殺戮に一瞬呆然となったが、ジョーにけしかけられると、狂ったように銃を射ち始めた。しかしその瞬間、コンプトンの見たものは、血しぶきを放って倒れる娘メリッサの身体であった。思わぬ運命の皮肉に、コンプトンとジョーはただ呆然と突っ立っていた。

「ジョー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジョー」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1971年10月1日
製作会社 キャノン・プロ作品
配給 松竹映配
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ジョー」のみんなのレビュー

「ジョー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません