受難者

じゅなんしゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「アラブ」「魔術師」と同じくレックス・イングラム氏の作品でロバート・ヒッチェンス氏の原作を「スカラムージュ」「我等の海」のウィルス・ゴールドバック氏が脚色の筆をとった。俳優は「魔術師」「我等の海」のアリス・デリー嬢と「魔術師」「妖花アラウネ」のイバン・ペトロビッチ氏が主演し、マルセル・ビーベル氏、ハンバーストン・ライト氏、その他が助演している。カメラは「煩悩」「トロイ情史」のリー・ガーメス氏担任。

みんなのレビュー

「受難者」のレビューを書く

「受難者」のストーリー

野蛮時代の色彩が今なお強い北アフリカで受民は今でも予言者モハメットの時代と同じ生活をしている。その土地にキリスト教を奉するトラピスト修道院がある。教父アドリアンは幼少から心仰生活に入っていたが近頃俗世の誘惑に彼の心は動揺を来していた。1日アドリアンが大木を切り倒した際誤って1人の若い女を気絶せしめた。彼女を介抱してしばらく蘇生せしめた時2人の姿が相抱かれていた。修道士がこれを見て直ちに禁固されている男にアドリアンの罪を着せた。良心の苛責に堪えかねアドリアンは忍苦の生活をすることを決心して名もポリス・アンドロフスキーと昔の名前にかえり、砂漠を越えてベニモラの緑地にゆく途中ドミニという美しい婦人に出会った。彼女の父レンス卿は宗教を越えて奔放な生活をしていたが彼女は熱心な儒教信者であった。ベニモラにはアンテオニ伯爵の邸園があってドミニは招かれて訪れたのである。ドミニが暴漢に襲われたのをポリスが救って以来2人の間に恋が芽生えていた。アンテオニ伯の邸園でパーティーが催された際ポリスは彼の過去と未来のことを易者に占われたのがポリスの心を傷めその場を抜け出してしまった。その後、数週間経過して後ドミニは丁度砂漠を旅行することになったがそれに先立ちアンテオニ伯からもある僧侶からもポリスに対し警戒するように言われたが2人は遂に結婚して「アラーの園」と称せられる砂漠を蜜月旅行の途に上った。しかしドミニに心を寄せているアンテオニ伯に前身を見破られ煩悶していたポリスは激しい暴風雨中ドミニに救われたのを機会に破戒の罪を彼女に懺悔し髪の許しを乞うた。信仰厚い彼女は愛する良人を神の手に渡すことを躊躇しなかった。良人を修道院に送って2人は永遠の別れをつげた。

「受難者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「受難者」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 M・G・M
配給 MGM
レイティング

「受難者」のみんなのレビュー

「受難者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。