アマゾンの紅薔薇

あまぞんのべにばら
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「栄光」「カルメン(1927)」と同じくドロレス・デル・リオ嬢の主演する映画で、クリフォード・バクス氏の原作により、ブラッドリー・キング女史が脚色し、「地獄四百丁目」「身を焦がして」と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督している。「ゴリラ(1927)」等出演のウォルター・ピジョン氏を始めとし、最近物故したテッド・マクナマラ氏、新進のレスリー・フェントン氏、古顔のアンダース・ランドルフ氏やノーブル・ジョンソン氏等が助演している。

「アマゾンの紅薔薇」のストーリー

ボリヴィアの荒地で原住民たちは赤熱の下そして残忍なるジョージ・ギルスパイの監督の下に鉄道の敷設工事に従っていた。人々はただ2人を除く外は誰一人として彼を憎まぬ者とてはなかった。その2人とは彼の姪であるハーフのトニと、心の部下ゴットマンとである。トニは伯父を信じ切っていたこととて、人々が彼を悪様に噂してもそれを信じようとはしなかった。トニの心はこの程この地へ工事の監督に来た英国人アーサー・ウァイアットへと向けられた。が、彼はトニを見かえろうともしないでいた。その内にギルスパイは副技師のジム・モートレイクが工事の内容をアーサーに告げはしまいかと懸念し、ゴットマンをしてモートレイクを叢林中におびき出させ、やがて自らは逃げ帰り、モートレイクをして叢林中に闘死せしめた。その死体と遺書とは、かねてアーサーやモートレイクに好意を寄せているインディアンのソリアノに発見せられた。これを聞いてアーサー始めインディアン一同は憤激した。アーサーは皆をなだめ、一先づ本部に帰って一部始終を報告して後にしようとこの地を出立しようとした。これを知ってギルスパイは、アーサーに行かれては身の破滅と、途中に彼を亡き者にせんとし、己れを信ずるトニに命じてアーサーの小屋に行きその道順を探らせる。アーサーは娘の純真さに動かされたものの、道順を偽って教えた。しかるに、片恋ひとは知りつつもアーサーを恋するトニは、ようやくにして伯父の企らみを知って、アーサーより聞かされた道とは違った道を伯父に告げた。が、計らずも、それが本当にアーサーの取る道であった。程経てそれと知ったトニは急をアーサーに告げんと現場に走ったが、時既に遅く彼はゴットマンに射たれて河に落ちた後であった。この報を得てインディアンたちは遂に復讐の挙に出でた。ゴットマンは斃され、ギルスパイは叢林中に追い込まれた。一方、トニの看護によって甦ったアーサーに、この彼女のいじらしい真心が何と映じたであろうか。

「アマゾンの紅薔薇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アマゾンの紅薔薇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「アマゾンの紅薔薇」のみんなのレビュー

「アマゾンの紅薔薇」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「アマゾンの紅薔薇」を観ているあなたにおすすめの映画