十字軍(1935)

じゅうじぐん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「クレオパトラ(1934)」に次ぐセシル・B・デミル作品で、第三次十字軍の史跡に基づいて歴史家ハロルド・ラムが構想した物語を「クレオパトラ(1934)」「ベンガルの槍騎兵」のウォルデマー・ヤングと「男の敵」「肉弾鬼中隊(1934)」のダドリー・ニコルズが共同脚色し、例によってデミル自ら監督に当たったもの。主演者は「ホワイト・パレード」「濁流」のロレッタ・ヤングと、「クレオパトラ(1934)」のヘンリー・ウィルコクスンで、「奇傑パンチョ」「罪じゃないわよ」のキャサリン・デミル、「クレオパトラ(1934)」「暴君ネロ(1932)」に共演しているアイアン・キース、C・オーブリー・スミス、ジョセフ・シルドクラウトの3優、「痴人の愛」のアラン・ヘール、「白衣の騎士」のC・ヘンリー・ゴードン、「メリイ・ウイドウ(1934)」のジョージ・バービア等が助演し、「クレオパトラ(1934)」「生活の設計」のヴィクター・ミルナーが撮影している。

「十字軍(1935)」のストーリー

12世紀の末、聖地エルサレムはサラディンの率いるサラセン人に奪取された。そしてキリスト教徒の男は全て土牢に幽閉され、女は奴隷に売られるのであった。この惨状を見た老僧侶は欧州各国を遍歴して聖地を奪還しようとする十字軍の運動を起こした。彼は先ずフランス王フィリップの賛成を得たが、王の腹心の臣コンラッドはもし王が出征すれば英国の獅子王リチャードがフンスを併合する恐れがあると告げたのでフィリプはかねて許婚の仲である妹アリスとリチャードを出征前結婚させ後願の憂いを除こうと英国を訪れた。しかしリチャードはアリスとの結婚を喜ばず、十字軍の精神には了解しなかったが十字軍に加われば現世の約束は放棄されると聞いて婚約を逃れるために国を掲げて十字軍に参加した。腹黒いコンラッドはリチャードの弟ジョンと陰謀を企て、リチャードを亡き者にしてジョンを英国の王位に就け、アリスと結婚させる代償として自分がエルサレムの王となろうと計る。リチャードの軍隊はマルセイユからパレスタインへ乗船する事になったが糧食の欠乏に悩まされた。そのときナヴァールのサンチャ王は娘ベレンガリアとの結婚を条件にリチャードに糧食の供給を申し出た。結婚に興味は無かったが糧食の必要に迫られてリチャードはこの申し出に同意した。彼は結婚の式場へ家臣ブロンデルに自分の帯剣を携えて出席させたのでベレンガリアはリチャードを憎んだ。翌日リチャードは彼女が美しい乙女である事を発見してたちまち心変わり彼女を伴って出征の途に就いた。かくてサラセン王サラディン攻撃の戦いは開かれた。その折り英国からジョンが王位に就いたとの報が来た。フィリップはリチャードがベレンガリアを離婚して妹を妃とするなら彼を助けてジョンを討とうと行ったがリチャードはベレンガリアに自らの王冠を与え英国の女王に就かせ必ずエルサレムを奪還する事を誓った。今までリチャードを憎んでいたベレンガリアは初めて彼の真の愛を知ったが自分がいてはリチャードがフィリップと仲直りせぬので、彼の為にサラセン人の手に掛かって死のうと決心し傷ついてサラディンの捕虜となった。リチャードは憤然と戦いついに十字軍の勝利となったがベレンガリアはサラディンの為にエルサレムに連れ去られた。リチャードはエルサレムへ突進し又も両軍の間に大激戦が展開された。その夜サラディンの陣地にコンラッドが訪れ、リチャードを暗殺するから自分をエルサレムの王にしてくれと要求した。サラディンはコンラッドの裏切りを怒って処刑し、その部下がリチャードを襲う企てを知って遣いを派してリチャードに告げた。リチャードは危うい所をサラディンの部下に救われ、ベレンガリアを受取に単身乗り込んできた。ベレンガリアはもし自分を愛するなら戦いを止めてくれと懇願した。リチャードは彼女のために講和をする決心をした。かくてエルサレムはキリスト教徒の為に城門を開き、教徒は開放された。エルサレムの城門外に立ってリチャードはキリスト教徒が口々に賛美歌を歌いながら場内へ進んで行くのを見守っていた。ベレンガリアが許されて来た時リチャードは初めて神に祈りを捧げた。

「十字軍(1935)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「十字軍(1935)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「十字軍(1935)」のみんなのレビュー

「十字軍(1935)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/9

木梨憲武(1962)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライダーたちが時空を超えて戦いを繰り広げる特撮TV『仮面ライダージオウ』の劇場版。50年後に自分が世界を支配する魔王オーマジオウとなることを知った常磐ソウゴ。ついにその時がきたが、歴史の管理者クォーツァーが現れ、王誕生に隠された陰謀が明らかになる。奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らレギュラー陣に加え、ダンス&ボーカルグループのDA PUMP、「旅猫リポート」の前野朋哉、「覚悟はいいかそこの女子。」の若林時英らがゲストキャストとして参加。同時上映は「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」。

いぬやしき

「GANTZ」の佐藤信介監督が、同作の原作者・奥浩哉の漫画を木梨憲武×佐藤健主演で実写化。謎の事故に巻き込まれ、超人的な能力を得た初老のサラリーマン犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓。犬屋敷は人を助けることに奔走する一方、獅子神は悪事に手を染めていき……。共演は「鋼の錬金術師」の本郷奏多、「リバーズ・エッジ」の二階堂ふみ、「グッモーエビアン!」の三吉彩花、「もういちど」の福崎那由他、「愚行録」の濱田マリ、「三度目の殺人」の斉藤由貴、「新宿スワン」シリーズの伊勢谷友介。脚本を「映画 ビリギャル」の橋本裕志、音楽を「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のやまだ豊が務める。
千葉雄大(1989)

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

恋人がスマートフォンを落としたのを契機に過去を暴かれ命を狙われるミステリー「スマホを落としただけなのに」の続編。連続殺人事件から数ヶ月後、同じ現場から次々と若い女性の遺体が見つかり、刑事の加賀谷は先の事件で逮捕した浦野に捜査協力を依頼する。前作に引き続き「リング」の中田秀夫がメガホンを取り、刑事・加賀谷役の千葉雄大、連続殺人鬼・浦野役の成田凌が続投。謎の男から狙われる加賀谷の恋人・美乃里を乃木坂46の白石麻衣が演じる。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。

NEW今日命日の映画人 3/9

該当する人物がいません