13日の金曜日 PART7 新しい恐怖

じゅうさんにちのきんようびぱーとせぶんあたらしいきょうふ
上映日
1988年9月3日

製作国
アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
ホラー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

クリスタル湖畔の殺人鬼ジェイソンが巻き起こす血の惨劇を描くシリーズ第7弾。製作はイアイン・パターソン、監督はジョン・カール・ビュークラー、脚本はダリル・ハニーとマヌエル・フィデロ、撮影はポール・エリオット、音楽はハリー・マンフレディーニとフレッド・モーリンが担当。出演はラー・パーク・リンカーン、テリー・カイサー、ケビン・ブレアほか。

「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」のストーリー

幼い頃、自分が超能力を持つ事を知らず父(ジョン・オトリン)を死に追いやってしまったティナ(ラー・パーク・リンカーン)はその罪の意識に耐えかねて、父を生き返らそうとして誤ってクリスタル湖畔に眠る殺人鬼ジェイソン(ケイン・ホッダー)を復活させてしまう。おりしも湖畔の山荘には若者たちが集まってパーティの準備をしており、たちまちジェイソンによって1人また1人と殺されていく。最後に残ったティナはサイコキネシスを使ってジェイソンと対決し、彼をガソリンで火だるまにするが、不死身の怪物はなおもティナに向かって襲いかかってきた。

「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988年9月3日
上映時間 88分
製作会社 フライデー・フォト・インク作品
配給 パラマウント=UIP
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」のみんなのレビュー



「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」を観ているあなたにおすすめの映画