ジャンボ

じゃんぼ
上映日
1962年12月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

サーカスを舞台にしたミュージカル。大興行師ビリー・ローズが製作したブロードウェイのヒパドーム劇場のヒット作を映画化したものである。「バスター・キートン物語」のシドニー・シェルダンの脚本を「上流社会」のチャールズ・ウォルターズが監督し、「西部開拓史」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。音楽は舞台と同様、作曲リチャード・ロジャース、作詞ロレンツ・ハートのチームで、地の音楽は「錨を上げて」のジョージ・ストール。製作は「ボーイハント(1961)」のジョー・パスターナクとドリス・デイの夫マーティン・メルチャーである。出演者は「ミンクの手ざわり」のドリス・デイ、「脱走」のスティーブン・ボイド、コメディアンのジミー・デューラント、TVや「チャップリンの殺人狂時代」のマーサ・レイ、「ガールハント」のディーン・ジャガー、象のシドニーなど。

「ジャンボ」のストーリー

巨象ジャンボの芸を売り物のワンダー・サーカスがやって来た。おやじのポップ(ジミー・デューラント)の娘キティ(ドリス・デイ)は一座の看板スターだ。いよいよサーカスが始まった。が、登場するはずの綱渡り師が姿を見せない。皆が狼狽しはじめた時、突然黒装束の男が現れて見事な離れ業を演じた。前夜入団を断られた若者サム・ローリンズ(スティーブン・ボイド)だ。その夜、借金取りが現れたポップらは大弱り。がジャンボの働きで彼らは逃げ去った。それっとばかりにサーカスは引っ越しだ。14年来のポップのガールフレンド、ルル(マーサ・レイ)はキティたちをいたわった。町から町への旅暮らしでサムとキティは相思相愛になったが、サムはこの愛情に踏みきれずにいた。というのは彼こそワンダー・サーカスを潰そうとしている張本人で、人気者ジャンボの獲得を狙うノーブル・サーカスの団長ノーブル(ディーン・ジャガー)の息子だったのだ。大雷雨の後の静かな夜、彼の胸の中で恋の歓喜にひたるキティに、サムの心は決まり、父の野心と手を切るために父の元へ急いだ。行き違いにノーブルがワンダー・サーカスに乗り込み、買い集めた借金証文をポップにつきつけ返済を迫った。ノーブルの口からサムの正体を聞いたキティの怒りは大きかった。ワンダー・サーカスは四散し、ジャンボは連れ去られた。ポップ、キティ、ルルらのショウ旅行が続いていたある日、彼らの前にジャンボを連れたサムが現れ、非を詫びた。ワンダー・サーカスは忽ちよみがえり、ジャンボを入れてスター五人のショウは、行く先々で割れるような喝采を浴びるのだった。

「ジャンボ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャンボ」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1962
公開年月日 1962年12月21日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ジャンボ」のみんなのレビュー

「ジャンボ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。