甘い暴走

あまいぼうそう
上映日
1968年10月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ウィリアム・マレイの同名小説をトム・マンキーウィッツが脚色し、ハーヴェイ・ハートが監督にあたっている。撮影はロバート・ハウザー、音楽はピート・ルゴロが担当した。出演は「空から赤いバラ」のアンソニー・フランシオサ、「恋とペテンと青空と」のマイケル・サラザン、「いつも2人で」のジャクリーン・ビセットほか。製作はジョー・パスターナク。
ウィリアム・マレイの同名小説をトム・マンキーウィッツが脚色し、ハーヴェイ・ハートが監督にあたっている。撮影はロバート・ハウザー、音楽はピート・ルゴロが担当した。出演は「空から赤いバラ」のアンソニー・フランシオサ、「恋とペテンと青空と」のマイケル・サラザン、「いつも2人で」のジャクリーン・ビセットほか。製作はジョー・パスターナク。

「甘い暴走」のストーリー

カリフォルニア州マリブ海岸。ここがコリー(アンソニー・フランシオサ)、チュー・チュー、デニーたちの巣である。コリーは中年の無職者だが、ほかの若者たちはみなスポーツマンで、スポーツ好きのカモを見つけては、その相手をし、金を稼ぐ。彼らには、それぞれ恋人がいるが、特にデニーの恋人ビッキー(ジャクリーン・ビセット)はテレビタレントの卵で、とりわけの美人。2人の出逢いは海の中だった。水着を流してしまい、困っていた彼女をデニーが助けてやったのだ。2人の関係は急速に親密度を加えていった。ある夜明けに、海岸通りを突っ走る車の中から大きな包みが放り出された。中身は何者かに暴行された、いたたましいビッキーだった。やがて彼女は救急車で運ばれ、デニーが暴行犯人として調べられた。彼の包み隠しのない陳述と、コリーの証言とで、無事釈放されたものの、2人は納得できない。そして2人は捜査にのり出し、テレビのプロデューサーと土地の愚連隊が犯人であることをつきとめた。そして犯人に制裁を加えると同時に、自分たちも、彼らと同工異曲の生活をしていることに気づき、さっぱりと足をあらって堅気の生活に戻ろうと決心するのだった。

「甘い暴走」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「甘い暴走」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年10月22日
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「甘い暴走」のみんなのレビュー

「甘い暴走」のレビューを書く