ジャングルの王(1949)

じゃんぐるのおう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「クマオンの人喰虎」のサブー、「怒涛の果て」「密輸空路」のゲイル・フッセルが主演する映画で、古くから活劇専門監督のアルバート・S・ロージェルが製作監督した1949年作品。原作はジェローム・オドラム、脚本はアート・アーサー及びケネス・パーキンスで、撮影はヘンリー・フロイリヒである。音楽はリムスキー・コルサコフの「インドの歌」に基づいてアレクサンダー・ラズロが作曲した。

「ジャングルの王(1949)」のストーリー

インド・ハクワールのマハラジャのゴバールは婚約のタラ姫と共に、コンビのジャングルに猛獣狩りにでかけた。コンビの村人はこのジャングルの獣を1匹殺せば、村人が1人死ぬという迷信を抱き、数百年来ジャングルの獣と友愛の仲である。ジャングルの王子といわれるラムダーはゴバールとタラ姫が捕えた獣を逃がしてやったので、ゴバールの部下に捕えられた。ジャングルの獣は、たとえ虎でも、人が害を加えぬかぎり、無害であるとラムダーが主張するので、ゴバールはその証拠を見せろという。ラムダーがおりの中の鳥を逃がしてやると、仰天したゴバールは発砲し、虎を傷つけた。傷ついた虎の怖ろしさを知るタラ姫は、狩猟隊が襲われないために、これ以上獣を逃がさぬようにとラムダーに約束させた。そんな約束をしたラムダーを村人は、憶病だというので、ラムダーはタラ姫を人質としてジャングルへ連れて来た。これを怒ったゴバールはラムダーを追ってジャングルへ行き、短刀を持って果たし合いをしたが、短刀を奪われてしまった。武器を持たぬゴバールは帰りを急ぐ途中、例の傷ついた猛虎に食い殺されてしまった。そこでラムダーは王位に即き、タラ姫と結婚した。

「ジャングルの王(1949)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャングルの王(1949)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1949
製作会社 コロムビア映画
レイティング

「ジャングルの王(1949)」のみんなのレビュー

「ジャングルの王(1949)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。