ジャンクウォーズ2035

じゃんくうぉーずにぜろさんご
上映日
1991年11月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF アクション

ここが見どころ

多国籍企業に牛耳られた近未来を舞台に、砂漠地帯にある放送局内での人間とアンドロイドの戦いを描く低予算SFアクション。監督はフルムーンの前身のエンパイア・プロの総師チャールズ・バンド。製作はデイヴィッド・デコトーとジョン・シュワイラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはデブラ・ディオン。脚本はJ・S・カードン。撮影はマック・アールバーグ。音楽はチャールズの実弟のリチャード・バンドが担当。

「ジャンクウォーズ2035」のストーリー

オゾン層は破壊され、国家は崩壊し、多国籍企業ユニコム社が民間のコンピュータロボット使用を禁止して世界に君臨する2030年。ユニコム社のタイソン・キーン(ポール・グラナス)は砂漠地帯にある小さなTV局を冷却液を届けるため訪れた。そこには反骨精神溢れる初老のレイサン(ラルフ・ウェイト)と機械いじりが得意な孫娘アレン(ミーガン・ウォード)、放送講座の女教師パリス、便利屋クイン、局の抵当権を持つウィンストンとたまたま出演した二人の娼婦だけだった。外は嵐になり、タイソンは1泊することになるが、夜中に何者かにレイサンが殺された。それを知りすぐさま身を隠したアレンはタイソンに祖父と自分はユニコム社と戦う独立解放組織の一員で、殺人ロボットが侵入して、レイサンを殺したという。二人は早速、皆に血を出させてロボットでないことを証明させようとしたが、全員テストに合格した。タイソンは互いに魅かれ合っていたパリスと一夜を共にするが、クインが流した血が本物でないことに気づき、ウィンストンと娼婦たちを殺し、アレンに襲いかかっていたクインを倒した。タイソンはアレンとパリスを連れて逃げようとするが、まだ生きていたクインに襲われ、ちょうど二人は嵐で倒されてきた放送塔に体を挟んでしまう。アレンが修理していたウラン採掘用の巨大ロボットを動かしてタイソンを助けるが、ロボットはボロですぐ崩壊した。一難去ってまた一難、実はロボットだったパリスをようやく倒した二人は、I・L・Uの本部へユニコムが送り込んだ殺人ロボットの証拠写真を持って、敵を告発すべく旅立つのだった。

「ジャンクウォーズ2035」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャンクウォーズ2035」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション
製作国 アメリカ
製作年 1990
公開年月日 1991年11月23日
製作会社 フルムーン・エンターテインメント作品
配給 ケイエスエス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ジャンクウォーズ2035」のみんなのレビュー

「ジャンクウォーズ2035」のレビューを書く

「ジャンクウォーズ2035」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。