ジャンク 死と惨劇

じゃんくしとさんげき
上映日
1980年5月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
社会派

ここが見どころ

飛行機衝突・墜落事故現場の惨劇や、自然公園で熊に襲われ喰いちぎられる男など、世界の各地で起こった“死”の残酷な情景を追ったドキュメンタリー映画。製作総指揮はウィリアム・B・ジェームズ、製作はロシリン・T・スコット、監督はコナン・ル・シレール、脚本はアラン・ブラック、撮影はマイケル・ゴールデンとディミトリ・フェルモ、音楽はジーン・カウアー、ナレーターはフランシス・B・グロスが各々担当。映画はまず暴行・殺人犯を処する2000ボルトの電気椅子を捉える。囚人は、84歳の老女を暴行・殺害したラリー・デ・シルバ。手足を固定され、両眼にガーゼをあてがわれて2000ボルトの電流が送り込まれる。囚人は絶命した。映画は続いて、突然ライフル魔と化した善良な市民マイク・ローレンスがSWATに乱射されるまで、凶悪殺人犯を処刑するガス室の非情な情景、カリフォルニア・サンディエゴ上空で突如起こった衝突事故で散った人間の肉体、巨大ワニが人間を喰いちぎる事故がおきたアメリカの自然動物園、大列車事故現場に折り重なる死体、命知らずのスタントマンによるカー・ジャンプなどを捉える。

「ジャンク 死と惨劇」のストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

「ジャンク 死と惨劇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャンク 死と惨劇」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980年5月24日
製作会社 F・O・D・プロ作品
配給 松竹=富士映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「ジャンク 死と惨劇」のみんなのレビュー

「ジャンク 死と惨劇」のレビューを書く


「ジャンク 死と惨劇」を観ているあなたにおすすめの映画