蛇身の鞭

じゃしんのむち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・グッドウィン氏作の小説をモント・M・カッタージョン氏が脚色し「地獄の猛火」「夕陽の山路」等と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので主役は「女人禁制」「霊魂の叫び」等出演のヴィラ・レイノルズ嬢が演じ、「雪国秘話」等出演のドロシー・フィリップス嬢と「国境の狼」等出演のロックリッフフェローズ氏とが助演し、その他ロバート・エイムス氏、ライオネル・ベルモア氏、パトリシア・パーマー嬢等も出演している。

「蛇身の鞭」のストーリー

メルモス・クレーヴン卿は英国議員になる野心を以て選挙費用をゴルドン商会から借りた。ガース家の夜会で娘のマーガレットは卿に心をひかれたので恋人のジョン・オームは怒った。外出先から戻って来たガース夫人はその様を見て驚き、娘に己が背の傷痕を示して20年前メルモス卿に受けた虐待を物語ったのでマーガレットは慄然として戦き、恋人ジョンに忠実なるべきことを母に誓った。選挙戦は激しくなりメルモス卿は卑劣にもジョンを詐欺罪を犯したと密告して投獄せしめた。そうしてマーガレットを火薬船に監禁した。ゴルドン商会の名に於てメルモス卿に金を貸したのは復讐の機を狙っていたガース夫人で、彼女は卿に返金を迫った。ジョンは保釈出獄をして密かにマーガレットを救った。火薬船がその後爆破したので卿はマーガレットが死んだものと思ったのでジョンはを票を集め、突如マーガレットと共に卿の目前に現れガース夫人と協力して卿をして罪を自白せしめた。かくてメルモス卿は獄に送られ夫人の復讐は成りジョンとマーガレットは結婚することが出来た。

「蛇身の鞭」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「蛇身の鞭」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ビー・ディー・シイ映画
レイティング

「蛇身の鞭」のみんなのレビュー

「蛇身の鞭」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「蛇身の鞭」を観ているあなたにおすすめの映画