邪神島

じゃしんとう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「クカラチャ」「原始人」のステフィ・デューナが「国境飛行隊」「武骨一代」のレジス・トゥーミーを相手に主演する映画で、活劇監督のウォーレス・フォックスがジョン・ツウィストと共同して書き下ろし、監督に当たった。撮影は「肉弾鬼中隊(1934)」のハラルド・ウェンストロムが担当した。助演者はレイモンド・ハットン、ミッチェル・ルイス、チャールズ・ミドルトン、フランシス、マクドナルドその他である。

みんなのレビュー

「邪神島」のレビューを書く

「邪神島」のストーリー

英領ニューギニアのネルソン港に駐在している若い保険会社社員ジョンとペラザ船長の娘カラとは婚約の間柄であったが、カラは結婚前の最後の思い出にと航海に出る。船の1等運転士ホーカーは悪人で保険金詐欺の目的でスタンチョンとグリブに買収され船を沈めようとするが、船は暗礁に乗り上げて沈まない。カラが傷ついた父船長を助けて辿り着いた島は原住民島で早速捕まえられるが、毒蛇に噛まれて瀕死の酋長の息子を助けて開放される。しかし船長はこの島でついに死んでしまう。ジョンはカラの行方を案じて出発するがある島の原住民に捕らえられる。カラは帰還の途、ジョンの危機を知り、危険を侵して首尾よくジョンを救うが、今度は悪運転士の一行に会い再び危険に瀕す。カラは酋長の息子の事を思い出し、太鼓の信号で原住民の一隊を呼ぶ。悪運転士は追われて船に逃げ込むが、仕掛けてあった爆弾によって自滅してしまう。カラは全く航海に懲りて、ジョンの言い出すままに結婚するのであった。

「邪神島」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「邪神島」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「邪神島」のみんなのレビュー

「邪神島」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「邪神島」を観ているあなたにおすすめの映画