蛇魂

じゃこん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「狼火」のバーバラ・ベッドフォードが「恐怖城」のロバート・フレイザー、「戦争と母性」のモーリス・マーフィーと共演する映画で、ジェーコブ・コン大佐の原作を、アドリアン・ジョンスンが脚色並びに台詞づけ、チャールズ・ハッチソンが監督、ウィリアム・トンプソンが撮影を担任した。助演者はエドウィン・クロス、ステラ・ザルコ、スネイク・キング等である。

みんなのレビュー

「蛇魂」のレビューを書く

「蛇魂」のストーリー

父のハリーも母のエディスも互いに一子ボビーを愛していたが、夫婦の仲は円満でなく、ハリーは別居に次いで離婚訴訟を提起し、それが入れられて、子供は彼の方へ引取られる事になった。エディスは愛する子供と別れるに忍びず忠僕のブルックと計って、子供を連れたまま遠くメキシコの叢林へと逃げて行った。ハリーはこれを知って追跡したが及ばず、終には妻子の所在を懸賞で求める事にした。叢林に逃れた3人は、漸くリオ・グランデの三角州に安住の地を見つけた。そして熊を飼い馴らして食料を得つつ、文明に遠ざかった生活を続けていた。その内に10年の月日は過ぎ、ボビーは今は一人前の若者となり、恋を知る年頃となった。そして彼は原住民の女と戯れる様になった。これを見て心を痛めたのはエディスで、子供の将来を案じ居を移そうとまで考えた。恰度この頃、この叢林へ米国の探険家が現われた。この一行中のキングは偶々エディスの隠れ家を発見し、その素性を知るとともに、この母子には懸賞金がかけられている事を知った。キングは懸賞金が欲しさにハリーにこの事を知らせた。ハリーは直ちに叢林へ走せつけて来た。そして、総てはまた円く納まった。なおこの映画は以上の物語の間を縫って叢林の猛獣、毒蛇などを配している。

「蛇魂」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「蛇魂」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 アイディアル映画
レイティング

「蛇魂」のみんなのレビュー

「蛇魂」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません


「蛇魂」を観ているあなたにおすすめの映画