ジャグラー ニューヨーク25時

じゃぐらーにゅーよーくにじゅうごじ
上映日
1980年6月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークを舞台に娘を突然誘拐された父親の、事件発生の朝から結着がつく翌日の明け方までの25時間にわたる必死の追跡を描く。製作総指揮はアーノルド・コペルソン、製作はジェイ・ウェストン、監督はTV界出身のロバート・バトラー。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作(早川書房刊)を基にビル・ノートン・シニアー、リック・ナトキンとウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色。撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はアーティ・ケーンが各々担当。出演はジェイムス・ブローリン、クリフ・ゴーマン、リチャード・カステラーノ、リンダ・G・ミラー、ダン・ヘダヤ、ジュリー・力ーメン、アビー・ブルーストーンなど。

「ジャグラー ニューヨーク25時」のストーリー

ニューヨークの朝。元警官でトラック運転手のジョン・ボイド(ジェイムス・ブローリン)は、夜勤を終え、アパートに帰った。妻と別れ、娘のキャシー(アビー・ブルーストーン)と2人暮しの彼は、その日誕生日のキャシーにバレエの切符をプレゼントすると、彼女を学校まで送っていった。その頃、ガス・ソルティック(クリフ・ゴーマン)は、ある金持ちの不動産屋の娘を誘拐して身代金をせしめようと、盗んだ車で待っていた。しかし、彼は勘違いしてまちがって、ボイドの娘キャシーを車に引きずり込んでしまった。キャシーの悲鳴を聞いたボイドは、必死で彼を追った。しかし、街の中を疾走する車に異常を感じる人は誰もいなかった。誘拐された娘を死にものぐるいで追跡するボイドだったが、横転したステーション・ワゴンの余波で、無念にも病院へ収容されるハメになってしまった。午前10時、サウス・ブロンクスの荒れ果てた自分のアパートに戻ったソルティックはキャシーを不動産屋の娘だと信じこみ、隙を見て逃げ出そうとする彼女に、見せしめとして黒人の酔いどれをあっさりと殺すのだった。正午、娘の誘拐の件でトネリ警視(リチャード・カステラーノ)と会ったボイドは、そんな報告は受けていないという冷たい返事を受ける。一方、別れた妻バーバラ(リンダ・G・ミラー)は、コネティカットからかけつけ、ボイドをなじった。ソルティックは、そのころ、不動産屋に電話をかけ、身代金100万ドルの引き渡し場所を今晩9時、セントラル・パークのコンサート会場の裏にある機械室と指定した。午後3時、手がかりを求めてポルノ・スタジオに行ったボイドは、犯人が落とした飼い犬の鑑札を元に動物登録所へと急いだ。午後10時、動物登録所で、女性所員のマリア(ジュリー・カーメン)の協力でソルティックの住所をつきとめたボイドは、元同僚で彼にうらみをもつバーンズ巡査部長(ダン・ヘダヤ)の邪魔をうけるが、うまくかわしてマリアと共にソルティックの住むサウス・ブロンクスに向った。ソルティックのアパートに踏みこんだ2人はチンピラの妨害にあい、再びキャシーを見失ったが、行き先はセントラル・パークしかないとにらんだ。午後9時、セントラル・パークでは、コンサートが予定されており、群衆が集まっていた。地下水道に逃げこんだソルティックは、しかし執拗なボイドの追跡と警察隊の前に遂に屈するのだった。

「ジャグラー ニューヨーク25時」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャグラー ニューヨーク25時」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980年6月7日
製作会社 アーノルド・コぺルソン/ジェイ・ウェストン・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ジャグラー ニューヨーク25時」のみんなのレビュー

「ジャグラー ニューヨーク25時」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません