ジャグラー ニューヨーク25時

じゃぐらーにゅーよーくにじゅうごじ
上映日
1980年6月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークを舞台に娘を突然誘拐された父親の、事件発生の朝から結着がつく翌日の明け方までの25時間にわたる必死の追跡を描く。製作総指揮はアーノルド・コペルソン、製作はジェイ・ウェストン、監督はTV界出身のロバート・バトラー。ウィリアム・P・マッギヴァーンの原作(早川書房刊)を基にビル・ノートン・シニアー、リック・ナトキンとウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色。撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はアーティ・ケーンが各々担当。出演はジェイムス・ブローリン、クリフ・ゴーマン、リチャード・カステラーノ、リンダ・G・ミラー、ダン・ヘダヤ、ジュリー・力ーメン、アビー・ブルーストーンなど。

「ジャグラー ニューヨーク25時」のストーリー

ニューヨークの朝。元警官でトラック運転手のジョン・ボイド(ジェイムス・ブローリン)は、夜勤を終え、アパートに帰った。妻と別れ、娘のキャシー(アビー・ブルーストーン)と2人暮しの彼は、その日誕生日のキャシーにバレエの切符をプレゼントすると、彼女を学校まで送っていった。その頃、ガス・ソルティック(クリフ・ゴーマン)は、ある金持ちの不動産屋の娘を誘拐して身代金をせしめようと、盗んだ車で待っていた。しかし、彼は勘違いしてまちがって、ボイドの娘キャシーを車に引きずり込んでしまった。キャシーの悲鳴を聞いたボイドは、必死で彼を追った。しかし、街の中を疾走する車に異常を感じる人は誰もいなかった。誘拐された娘を死にものぐるいで追跡するボイドだったが、横転したステーション・ワゴンの余波で、無念にも病院へ収容されるハメになってしまった。午前10時、サウス・ブロンクスの荒れ果てた自分のアパートに戻ったソルティックはキャシーを不動産屋の娘だと信じこみ、隙を見て逃げ出そうとする彼女に、見せしめとして黒人の酔いどれをあっさりと殺すのだった。正午、娘の誘拐の件でトネリ警視(リチャード・カステラーノ)と会ったボイドは、そんな報告は受けていないという冷たい返事を受ける。一方、別れた妻バーバラ(リンダ・G・ミラー)は、コネティカットからかけつけ、ボイドをなじった。ソルティックは、そのころ、不動産屋に電話をかけ、身代金100万ドルの引き渡し場所を今晩9時、セントラル・パークのコンサート会場の裏にある機械室と指定した。午後3時、手がかりを求めてポルノ・スタジオに行ったボイドは、犯人が落とした飼い犬の鑑札を元に動物登録所へと急いだ。午後10時、動物登録所で、女性所員のマリア(ジュリー・カーメン)の協力でソルティックの住所をつきとめたボイドは、元同僚で彼にうらみをもつバーンズ巡査部長(ダン・ヘダヤ)の邪魔をうけるが、うまくかわしてマリアと共にソルティックの住むサウス・ブロンクスに向った。ソルティックのアパートに踏みこんだ2人はチンピラの妨害にあい、再びキャシーを見失ったが、行き先はセントラル・パークしかないとにらんだ。午後9時、セントラル・パークでは、コンサートが予定されており、群衆が集まっていた。地下水道に逃げこんだソルティックは、しかし執拗なボイドの追跡と警察隊の前に遂に屈するのだった。

「ジャグラー ニューヨーク25時」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジャグラー ニューヨーク25時」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980年6月7日
製作会社 アーノルド・コぺルソン/ジェイ・ウェストン・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ジャグラー ニューヨーク25時」のみんなのレビュー

「ジャグラー ニューヨーク25時」のレビューを書く