ジェーン・エア(1940)

じぇーんえあ Jane Eyre
上映日
1947年10月7日

製作国
アメリカ

上映時間
99分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

シャーロット・ブロンテの名作小説の三度目の映画化である。脚本は現代英国文壇に勇躍する小説家オルダス・ハックスレイとロバート・スティーヴンスンおよびジョン・ハウズマンが協力して書いており「ノンストップニューヨーク」のロバート・スティーヴンソンが監督に当たり「追憶(1941)」のジョージ・バーンズが撮影を指揮した。主演は演劇映画、ラジオに活躍し「市民ケーン」を原作監督主演したオーソン・ウェルズと「断崖」「永遠の処女」のジョーン・フォンテーンで、「百万人の音楽」のマーガレット・オブライエン、「王国の鍵」のペギー・アン・ガーナーおよびエディス・バレッド「操のそよ風」のアグネス・ムアヘッド、新人ジョン・サットン「椿姫(1937)」のヘンリー・ダニエルなどが助演。

「ジェーン・エア(1940)」のストーリー

孤児のジェーン・エアは無情な伯母に追われ、ローウッドの慈善女学院に入れられ、狂信者の院長ブロックルハーストの冷酷な教べんを受けた。彼女の慰めは学友ヘレンとの交友と、校医リヴァスの温情だけであった。喜びなき学窓生活十年は、しかしジェーンに女教師の資格を得させ、ソーンフィールド邸に家庭教師として赴任した。彼女の教え子はアデールという七歳のフランス娘であった。この家の主人エドワード・ロチェスターがある日突然帰って来た。そしてアデールは彼の子かも知れぬというのだった。彼がパリで恋に落ちた踊り子が、新しい愛人と逃げた時、彼の子だといって置き去りにした子なのだ。ある夜、物音と笑い声に目覚めたジェーンは、エドワードの寝室が火事になっているのを発見し、彼の命を救った。しかし彼は翌朝、風のごとく邸を去った。数カ月後、大勢の客をつれて帰館したエドワードは宴会を催したが客の一人ブランチ・イングラムと婚約をするかも知れぬと聞くと、ジェーンは嫉妬に似た感情に苦しめられた。しかしエドワードはジェーンを愛するようになっていて、ブランチを追い帰した。エドワードは愛を告白しジェーンと結婚することになった。ところが結婚の日、メイスンという男が現れ、結婚を止めた。エドワードには妻があるのだというのだ。彼はジェーンを塔の一室に伴った。そこには気の触れたエドワードの妻がいた。ジェーンは去ってロンドンに赴き、少女時代を送った伯母の家を訪ねると、伯母は病床に伏して半狂乱となっていた。ある夜、嵐の音に彼女を呼ぶエドワードの声を聞く思いがしたので、ジェーンはソーンフィールド邸へ駆けつけた。邸宅は焼け、家政婦から、かの狂妻が放火して自ら焼死してしまい、それを救おうとしたエドワードは火で失明したという話を聞いた。彼と相対した時、二人はお互いが深く愛し合っていることを胸の奥まで激しく感じたのである。

「ジェーン・エア(1940)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジェーン・エア(1940)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
公開年月日 1947年10月7日
上映時間 99分
製作会社 二十世紀フォックス映画

「ジェーン・エア(1940)」のみんなのレビュー

「ジェーン・エア(1940)」のレビューを書く

「ジェーン・エア(1940)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません