シンドバッド 黄金の航海

しんどばっどおうごんのこうかい The Golden Voyage of Sinbad
上映日
1974年12月21日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
SF ファンタジー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「アラビアン・ナイト」の主人公シンドバッドの、妖怪を相手にした大冒険旅行を描いた特撮映画。製作はチャールズ・H・シニアとレイ・ハリーハウゼン、監督はゴードン・ヘスラー、ブライアン・クレメンスとハリーハウゼンの原案をクレメンズ自身が脚色、撮影はテッド・ムーア、音楽はミクロス・ローザ、編集はロイ・ワッツ、特殊視覚効果をハリーハウゼンが各々担当している。出演はジョン・フィリップ・ロー、キャロライン・マンロー、トム・ベイカー、ダグラス・ウィルマー、マーティン・ショー、グレゴアール・アスラン、カート・クリスチャンなど。

「シンドバッド 黄金の航海」のストーリー

船乗りのシンドバッド(ジョン・フィリップ・ロー)は部下をひきつれて大海原に帆船を走らせていた。ある日、怪鳥が船の上に飛んできて黄金の刻印のようなものを落としていった。シンドバッドはその夜、恐ろしい夢を見た。片手に人間の眼の刺青をほどこした美女、そして悪魔のような男の夢だった。船はアラビアに着いたもののシンドバッドはクーラ(トム・ベイカー)と手下のアクメッドという男に襲われたが難を逃れ、アラビア首相ビジェル(ダグラス・ウィルマー)に面会した。ビジェルはシンドバッドに物語った。シンドバッドを襲ったクーラは恐ろしい魔術を使う悪魔でアラビアを支配しようとしているのだ、と。そのビジェルも黄金の刻印を持っていた。シンドバッドの刻印と合わせると二つは合致し、それはある孤島への地図を示していた。ビジェルによれば刻印はもう一つあって三つを合わせるとアラビアを危機から救う力を得られるという。シンドバッド、ビジェル、アラビア商人のぐうたら息子ハロウン(カート・クリスチャン)、美しい女奴隷マルギアナ(キャロライン・マンロー)が加わり、謎の孤島へ出発した。一行の船をひそかにつけ始めたのはクーラ一味の帆船だった。早くもクーラの魔術のために孤島への道を示す海図は奪われるが、シンドバッドは海図のすべてを記憶していた。一行はやがて孤島シシリアに着いた。洞窟にさしかかると怪人の顔が現れ、不思議な神話を告げた。三つの黄金の刻印を手に入れたものには、若さと暗黒の盾と富の王冠が与えられるという。その頃、先回りしたクーラは緑色の肌をした原住民たちを手なづけ、一行を殺そうと企んだが女奴隷のマルギアナによって救われた。彼女こそシンドバッドの夢の中に出てきた片眼の刺青をした美女だったのだ。だが6本の手を持った女神像や半人半馬で片目の怪獣ケンタウルスに襲われ、マルギアナがさらわれてしまった。やっとのことで彼女を救いだした一行は“運命の泉”に辿り着いたがクーラは既に待ち構え、ケンタウルスが再び一行の前に立ちふさがった。ケンタウルスに対するのはワシの頭と翼、ライオンの胴を持つ怪獣ー泉を守護するグリフィンだった。2匹の怪獣がシンドバッドとクーラの前で死闘を開始したが、クーラの悪計で倒れたのはグリフィンだった。ついにシンドバッドは剣を取り、部下の協力でケンタウルスを倒しクーラをも倒した。“運命の泉”にふれたビジェル首相は若さと富の王冠を手に入れ、アラビアの支配者となった。これで行く末、永くアラビアの平和は保たれるだろう。そしてシンドバッドは美女マルギアナを抱きしめ、新たなる冒険の旅に出るのだった。

「シンドバッド 黄金の航海」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シンドバッド 黄金の航海」のスペック

基本情報
ジャンル SF ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年12月21日
上映時間 105分
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「シンドバッド 黄金の航海」のみんなのレビュー

「シンドバッド 黄金の航海」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。