親切本位に

しんせつほんい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「天涯の孤児」「篤志看護婦」「月光の縁」等同様メアリー・マイルス・ミンター嬢のリアルアート社主演映画でウィルバー・フォーレイ氏の原作を「緑の誘惑」「茶目小僧」同様ジュリア・クローフォード・アイヴァース女史が脚色し故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したものである。相手役はユ社に居たジェイ・ベラスコ氏で、その他主役の妹たるシェルビー嬢等が共演している。

「親切本位に」のストーリー

純な田舎娘ジェニーは金持ちの息子ロイアル・レンショウと恋に陥ち秘かに結婚した。ロクエルの両親はこれを知って息子を帆船旅行に旅立たせ、その留守にロイアルには彼女の真の愛は無い様にジェニーを巧みに説伏して結婚を取り消さしてしまう。そして社交界の地位を得られる様にある社交場裡の娘と息子を結婚させた。夫婦となったロイアルは妻の欠点が段々目立ってどうにも彼女に愛情を感じ得なかった。その後ある音楽会の席上彼は丁度その日初めて公演する事になったジェニーに偶然会った。彼は彼の両親から受けた彼女の誤解を解く事は出来たが、会えば恋しい初恋のジェニーを妻ある身にはいかんともなし難かった。一日彼が自動車を駆っていた時突然の椿事から妻は死に彼も重傷を被った。病床の彼が夢にまで「ジェニー」と呼ぶのを聞いてさすがの両親も彼女を呼びよせた。彼の病の薄らぐと共に過ぎし昔の想い出は楽しく二人の胸に蘇った。

「親切本位に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「親切本位に」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 リアルアート映画
配給 国活
レイティング

「親切本位に」のみんなのレビュー

「親切本位に」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「親切本位に」を観ているあなたにおすすめの映画