新世紀

しんせいき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暴君ネロ(1932)」に次ぐセシル・B・デミル監督作品で、「犯罪都市(1931)」「キック・イン」のバートレット・コーマックが原作脚色、「鉄窓の女」「春の驟雨」のペヴァレル・マーレーが撮影に当たった。出演者は「ビール万歳」「地下の雷鳴」のチャールズ・ビックフォードを始め、「乗合馬車」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、新進のジュディス・アレン、「略奪者」「女給と強盗」のハリー・グリーン、「夜毎来る女」のブラッドリー・ペイジ、「燃ゆる海原」のエドワード・ヌージェント、「鉄血士官校」のベン・アレクサンダー、ファッジー・ナイト、ジョージ・バービア等である。

みんなのレビュー

「新世紀」のレビューを書く

「新世紀」のストーリー

ある中学校の近くに仕立て屋兼洗濯屋を営んでいるハーマンは、人の良さそうな外貌に似ず気丈な男で、この商売は土地のギャングにテラ銭を納める習慣で、親分ギャレットに再三の強請を受けても平然として相手にしなかった。ある日遂にハーマンの店はギャレットの乾児に爆破され、その夜ハーマンはギャレットに殺されてしまった。これを目撃していた学生のスチーヴ・スミスをギャレットは打ちのめして遁走し去った。時も時、学校では実習が始まり、スチーヴは地方検事に、ガス・ルフォは市の裁判官に、ビリー・アンダーソンは警察署長になることとなった。この機会を利用して彼等は合して一丸となり、あくまでもギャレットの罪をあばいて悪を一掃せんとしたが、証拠不十分のためにうまくいかなかった。そこで彼等は証拠かためをなさんとハーマンの店に赴き、ギャレットの片方のカフス・ボタンを手に入れた。そしてもう一方をギャレットのアパートに押し入って手に入れることに相談一決した。スチーヴの親友ドン・メリックの妹ゲイは、ギャレットの片腕トリドの飲み友達のモリー・ドーヴァーと共にギャレット経営のキャバレーに行った。ゲイをめぐってモリーとスチーヴは恋敵であったが、キャバレーでゲイはスチーヴ達の計画をモリーに話した。モリーはこれを全然冗談だと思い、何気なくギャレットに告げた。ギャレットは自宅に取って返し、カフス・ボタン捜索中のスチーヴ等の不意をうちビリー・アンダーソンを射殺し、その罪をガス・ルフォに被せた。そこでスチーヴは同志の学生等を語らいギャレットを捕らえて、私刑裁判を行う計画を樹てた。夕方になるとギャレットがトリドと共にある靴磨きスタンドに現れるのを知り、スタンドの黒人を買収し、一方ビリーの死に責任を感じているモリーとゲイをしてトリドをモリーの部屋に釘付けにさせ、首尾よくギャレットを捕まえた。ギャレットは数千の学生がたむろしている寂しい廃墟に連れ込まれ、ハーマン殺しの犯人である事を自白させられた。モリーとゲイの行動に不信を抱いたトリドは駆け付けた仲間から事の次第を聞かされ、大勢の仲間を連れて現場へ向かった。この事を一歩先にスチーヴに知らせようとゲイも現場へ急ぎ、途中で警官の応援を求めた。警官隊は彼等が殴り込もうとする間際を取り押さえることが出来た。かくしてスチーヴ等はギャレットを町中引き回した後、裁判官を促して公判を開き、完全にギャレットに泥を吐かせ、悪を懲らすことに成功したのであった。

「新世紀」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新世紀」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「新世紀」のみんなのレビュー

「新世紀」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません