新世紀

しんせいき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「暴君ネロ(1932)」に次ぐセシル・B・デミル監督作品で、「犯罪都市(1931)」「キック・イン」のバートレット・コーマックが原作脚色、「鉄窓の女」「春の驟雨」のペヴァレル・マーレーが撮影に当たった。出演者は「ビール万歳」「地下の雷鳴」のチャールズ・ビックフォードを始め、「乗合馬車」「鉄血士官校」のリチャード・クロムウェル、新進のジュディス・アレン、「略奪者」「女給と強盗」のハリー・グリーン、「夜毎来る女」のブラッドリー・ペイジ、「燃ゆる海原」のエドワード・ヌージェント、「鉄血士官校」のベン・アレクサンダー、ファッジー・ナイト、ジョージ・バービア等である。

みんなのレビュー

「新世紀」のレビューを書く

「新世紀」のストーリー

ある中学校の近くに仕立て屋兼洗濯屋を営んでいるハーマンは、人の良さそうな外貌に似ず気丈な男で、この商売は土地のギャングにテラ銭を納める習慣で、親分ギャレットに再三の強請を受けても平然として相手にしなかった。ある日遂にハーマンの店はギャレットの乾児に爆破され、その夜ハーマンはギャレットに殺されてしまった。これを目撃していた学生のスチーヴ・スミスをギャレットは打ちのめして遁走し去った。時も時、学校では実習が始まり、スチーヴは地方検事に、ガス・ルフォは市の裁判官に、ビリー・アンダーソンは警察署長になることとなった。この機会を利用して彼等は合して一丸となり、あくまでもギャレットの罪をあばいて悪を一掃せんとしたが、証拠不十分のためにうまくいかなかった。そこで彼等は証拠かためをなさんとハーマンの店に赴き、ギャレットの片方のカフス・ボタンを手に入れた。そしてもう一方をギャレットのアパートに押し入って手に入れることに相談一決した。スチーヴの親友ドン・メリックの妹ゲイは、ギャレットの片腕トリドの飲み友達のモリー・ドーヴァーと共にギャレット経営のキャバレーに行った。ゲイをめぐってモリーとスチーヴは恋敵であったが、キャバレーでゲイはスチーヴ達の計画をモリーに話した。モリーはこれを全然冗談だと思い、何気なくギャレットに告げた。ギャレットは自宅に取って返し、カフス・ボタン捜索中のスチーヴ等の不意をうちビリー・アンダーソンを射殺し、その罪をガス・ルフォに被せた。そこでスチーヴは同志の学生等を語らいギャレットを捕らえて、私刑裁判を行う計画を樹てた。夕方になるとギャレットがトリドと共にある靴磨きスタンドに現れるのを知り、スタンドの黒人を買収し、一方ビリーの死に責任を感じているモリーとゲイをしてトリドをモリーの部屋に釘付けにさせ、首尾よくギャレットを捕まえた。ギャレットは数千の学生がたむろしている寂しい廃墟に連れ込まれ、ハーマン殺しの犯人である事を自白させられた。モリーとゲイの行動に不信を抱いたトリドは駆け付けた仲間から事の次第を聞かされ、大勢の仲間を連れて現場へ向かった。この事を一歩先にスチーヴに知らせようとゲイも現場へ急ぎ、途中で警官の応援を求めた。警官隊は彼等が殴り込もうとする間際を取り押さえることが出来た。かくしてスチーヴ等はギャレットを町中引き回した後、裁判官を促して公判を開き、完全にギャレットに泥を吐かせ、悪を懲らすことに成功したのであった。

「新世紀」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新世紀」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「新世紀」のみんなのレビュー

「新世紀」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません