魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ

しーふーどがーるやまおかまいこ
上映日
2011年10月22日

製作国
日本

上映時間
82分

ジャンル
ドラマ コメディ

ここが見どころ

女子高生の姿だが実は魚という主人公が、地上で暮らしながら困難を乗り越えていく様を描く「ピョコタン・プロファイル」の梶野竜太郎監督作。出演は「Re:Play-Girls リプレイガールズ」の佐武宇綺、「実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ!モモカちゃん」の松下美保、「アメイジング グレイス 儚き男たちへの詩」の加藤沙耶香。

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」のストーリー

ある日、静かな海から制服に身を包んだ女のコが、砂浜に上がってきた。彼女の名は、山岡マイコ(佐武宇綺)。キュートなルックスで、ネコのぬいぐるみ“マコノヘー”が手放せないちょっぴり天然キャラの彼女は、なんと女子高生の魚だった。常に体を水で濡らしているマイペースのマイコと、彼女の第一発見者で心配性すぎる葱野鴨子(高見こころ)。奇妙な共同生活を始めた二人の前に現れるのは、淡い恋心が芽生えるナルシストのカリスマ美容師・茹田蟹幸(岡本信彦)に、なんでも知っているアヤしいカウンセラー・ブロンコ内科医院のビリー先生(下村尊則)。そして、マイコを調理したいと切に願う世界の料理人たち……。彼女の身に絶体絶命のピンチが迫ったとき、それは彼女が“出世魚”として覚醒する瞬間だった……。

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ コメディ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011年10月22日
上映時間 82分
製作会社 山岡マイコ製作委員会
配給 ユナイテッド エンタテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
音量 不明

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」のみんなのレビュー

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」のレビューを書く

「魚介類(シーフードガール) 山岡マイコ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません