信仰

しんこう
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

C・ガードナー・サリヴァン氏の原作でドロシー・ダルトン嬢を主役とした西部を背景の劇である。ニュース誌の本映画に対する批評は『作者のサリヴァン氏は一体どうしたと言うのだ。製作の設定期日に間に合わせるために粗製濫造をやったのに違いない。何という馬鹿馬鹿しい筋であろう。リアリストがこれを見て失望するのはもちろん、いかなるセンチメンタリストがこれを見たって呆れ返るに相違ない。』とこれはまた珍しく悪口を言っている。

みんなのレビュー

「信仰」のレビューを書く

「信仰」のストーリー

レッド・ビュートと言う西部の鉱山街に、父から賭博場を遺されたファロー・ファンと言う娘があった。彼女は町の人々から尊敬に近い感情をもって遇されていた。町は平和を保っていたが、ウェブスター・スミスと言う熱狂的な宗教家がこの町へ来て、町の人々の『罪』を攻め、町を地上の地獄とまで呼び、この町を焼き払ってしまいたいと天に祈るに到ってから、ファローはこの狂牧師を正気に戻さんと力を画した。折柄悪疫流行していたので酒場の主人ハンスンは消毒するため酒場で火を燃やしたが、これがたちまち広がって町中の大火となりスミスの教会も焼け落ちた。残ったのはファローの家だけであった。スミスは激怒の余り彼女に打って懸かったが、彼女が身を防ぐために彼を殴ったのが元で、失われていた彼の理性が帰り、彼は愛と親切に満ちた男となった。その後彼女が彼をメキシコの悪人と誤って狙撃し傷を負わせてから、彼女は初めて彼の理性に立ち帰ったのを知り、やがて2人は恋仲となる。

「信仰」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「信仰」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1919
製作会社 パ社インス映画
レイティング

「信仰」のみんなのレビュー

「信仰」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。