シンギング・フール

しんぎんぐふーる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

米国で最も人気のある歌い手アル・ジョルソン氏の第2回主演映画で、レスリー・バロウズ氏作の舞台劇を「空中サーカス」「指紋名探偵」のシー・グレアム・ベイカー氏が脚色「珍雄凱旋」「指紋名探偵」のロイド・ベイコン氏が監督したものである。ジョルソン氏を助けて「哀調の小道」「錯覚恋愛」のジョセフィン・ダン嬢、「ベン・ハー(1926)」「猫の寝巻」のベティー・ブロンソン嬢。「乱暴ロージー」のリード・ハウズ氏、「ブロード・ウェイ」のアーサー・ハウスマン氏、エドワード・マーティンデル氏、ヘレン・リンチ嬢及び少年名優のデーヴィー・リー君が出演している。撮影は「ニューヨーク狂想曲」「マノン・レスコオ」のバイロン・ハスキン氏が担当したパート・トーキーである。

「シンギング・フール」のストーリー

現在の職業は、と言えばカフェの給仕、将来の希望はというと偉大なる作曲家、そして持って生まれた性分は歌気狂い、即ちシンギング・グループである。アル・ストーンはこんな男であった。彼は一日中クラブ・クリコオという勤め先のカフェで忙しく立ち働いていた。そして注文をきいたり料理を運んだりするばかりでなく自分で作詞作曲した唄を歌っては客の喝采を博していた。アルには素晴らしいインスピレーションを興へる美しい憧憬の恋日とがある。それは彼と同じくクラブ・クリコオの雇い人で歌い手で踊り子のモリー・ウィントンだった。モリーは彼女自身大きな望みを抱いていたのでアルの真剣な恋も軽くあしらっていたが、アルが作った歌がお当たりをとったので彼女はアルの乞いを容れて結婚した。二人の間には可愛い坊やが生まれた。アルは成功と幸福とに酔った。ところが家庭の幸福よりも華やかな舞台に強い野心を持っているモリーは、その道の人に勧められるままに家庭を捨て夫を捨て愛児を捨てて脚光の前に立った。モリーを深く愛したインスピレーションを得ていたアルは失望のどん底に陥った。彼の創造力は低迷し、たちまち彼は落伍者となった。やむなくアルは再びカフェの給仕となって愛児の成長を楽しみに働いた。そして可愛い煙草売りの娘グレースはアルの胸中を深く思い使って優しくするので、モリーヲうしなって傷ついた彼の胸には再び愛が芽ざして来た。ところが不摂生したことが因でアルが生命よりも愛しているソニーが死の床に伏したために、アルは一生懸命に看病し「ソニー・ボーイ」の唄を歌うのだった。但し彼のいとし児は神に国に召された。アルの悲しみは絶頂に達した。とはいえその悲しみもグレースの優しい心が遠からずやわらげるであろう。

「シンギング・フール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シンギング・フール」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 ウォーナー・ブラザース映画
配給 ファースト・ナショナル
レイティング

「シンギング・フール」のみんなのレビュー

「シンギング・フール」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「シンギング・フール」を観ているあなたにおすすめの映画