シンガポール航路

しんがぽーるこうろ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「街の紳士」「唇の罪」のウィリアム・パウエルがワーナー入社第1回の主演映画でローランド・パートウィーの原作と「悪魔スヴェンガリ」「海の巨人(1930)」のグラッブ・アレキサンダーが脚色し、「緑の女神」「夜の大統領」のアルフレッド・E・グリーンが監督したものである。助演者は「美しき山賊」のドリス・ケニヨン、「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、ルイス・カルハーン、アリソン・スキップワース等で撮影者は「夜の大統領」「氷原の彼方」のロバート・カールである。

「シンガポール航路」のストーリー

セイロン島のコータへ帰航中の船に乗っていたヒュー・ドールトリーは女との事件のためにクラブ員たることを除名され家財は納税遅延のため競売に付せられかけていた。同船したフィリッパ・クロスビーはコータのジョージ・マーチ医師のもとへ行くはずだったがドールトリーに会う。船中ではおもしろく思っていなかったが上陸の際折りあしく土砂降りになった熱帯特有の豪雨のため計らずもドールトリーの世話になる。帰って来たドールトリーは納税を完了し再びクラブに編入せられるがフィリッパがマーチ医師に結婚してからも交際を続けている。マーチ医師の妹のルネは18の小娘であったがドールトリーに思いを寄せている。が彼を極端に嫌うマーチ医師はルネが兄の誕生日に晩餐に招待しようとしたことに反対し一悶着起きる。熱帯の夜は原住民の打ちはやす祭の太鼓の音と共に妙に悩ましく更けてゆく。ロマンスを望んだルネはドールトリーの関心を引こうとしたが無効に終わった。マーチ医師は患者をコロンボに連れて行くのにルネも共に連れて行く。ドールトリーはフィリッパを先日の誕生日の招待のお返しに晩餐に招く。もとより拒むべくもないのでフィリッパは承諾する。患者がその甲斐もなく急死したのでマーチ医師はルネと帰宅したが、そこにドールトリーの招待状を発見し激怒して彼のバンガロウに向かう。一方ドールトリーのところでは夜も更けたので彼は寝室へ単独で退く。そしてフィリッパには彼女の室の鍵を渡しておいたドールトリーは固く身を持してそして彼自身が信ずべからざる男であり、また悪評の的であることを述懐し語ったがフィリッパは彼女の将来の幸福のために彼女の望みを捨てることを肯んじなかった。激怒したマーチ医師が到着した時ドールトリーはフィリッパの来訪を否認するが彼女は決心の末、出てきてドールトリーは指一本だに触れなかったのみ剰へ彼女を強くはねつけたことを詳説し彼女がいままで余りにマーチ医師から疎かにされていたことを告白し決然この際離婚して、たとドールトリーがついて来ようが来まいが一人でシンガポールへ渡航する旨を言う。マーチ医師は憤怒の余りドールトリーを狙撃しようとするが一切を告白して安堵しつつ悠々と身仕舞いをしてフィリッパの後を追おおうとする彼を見ては元気も失せ果て引金の指が鈍ってしまったのであった。

「シンガポール航路」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シンガポール航路」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 W・B・F・N社
レイティング

「シンガポール航路」のみんなのレビュー

「シンガポール航路」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。