シンガポール

しんがぽーる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ベン・エイムス・ウィリアム氏の小説の映画化で、テッド・シェーン氏が潤色したものにより、リチャード・スカイヤー氏が台本を作成し、「ミスター・ウー」「消防隊」と同じくウィリアム・ナイ氏が監督した映画である主役を演ずるのは「紅百合」「ベン・ハー(1926)」主役のラモン・ノヴァロ氏で、「密輸入者の恋」で共演したジョーン・クロウフォード嬢とアーネスト・トーレンス氏とがそれを助演するほかフランク・カリアー氏、ジェームズ・メイスン氏、エドワード・コネリー氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、等も出演している。ちなみに、この映画はかつて一度映画化されたる事あり、わが国では「怒濤の裁き」として公開せられた。

「シンガポール」のストーリー

洋々たる海、雄々しい船乗の生活、それはショーア一家をその虜とした。ジョールを除いた外の兄は皆船乗りで、一番上の兄マークは船長にまでなっていた。ジョールにはそれが又羨ましく思われ、自分も早く船に乗り、兄の様になりたいと、それを想っては胸を踊らせるのであった。彼にはプリシラという恋人がある。ジョールの船乗になる事は、プリシラも望む所である。そして出来る事なら二人は早く結婚をしたいと思っているのであった。その内に、兄のマークが長の航海を終えて帰って来た。その時、マークの区えっ根話が持ち出され、話は急に決まって、プリシラはマークに無理に結婚させられてしまった。そして次の航海にマークが出て行った時、彼は部下のフィンチに裏切られ、ノア.おいう弟は殺され、またマークはシンガポールに置き去りにされてしまう。このフィンチの悪計を知ったジョールは兄マークを求めてプリシラと共に船出した。でジョールはシンガポールでマークと巡り合う事が出来た。マークは初めて弟の心を疑い、またプリシラの心を疑ったが、やがてその疑は解け、兄弟は力を合わせて、フィンチと闘うこととなる。その激しい格闘に、マークはあえなくフィンチの槍先にかかって最後を遂げたが、その仇フィンチはジョールの為に海中深く叩き込まれてしまった。かくて手を携えて一路その船を故国指して走らせるのであった。

「シンガポール」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シンガポール」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 エム・ジー・エム
レイティング

「シンガポール」のみんなのレビュー

「シンガポール」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「シンガポール」を観ているあなたにおすすめの映画