白い蘭

しろいらん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「永遠に微笑む」と同じくノーマ・シアラーがフレドリック・マーチと共に主演する映画で、ルドルフ・ベジア作の戯曲に基づき「永遠に微笑む」「ウィーンの狂乱」のシドニー・A・フランクリンが監督したもの。脚色も右の映画と同じくエルネスト・ヴァイダとくろーでぃん・ウェストが共同し、更に「虹の都へ」のドナルド・オグデン・チュアートが協力している。撮影は「クリスチナ女王」「かたみの傑作」のウィリアム・ダニエルスの担当。主役2人を助けて「白い肉体」「暴君ネロ(1932)」のチャールズ・ロートンを筆頭に、「ターザンの復讐」のモリーン・オサリヴァン、「砲煙と薔薇」のキャサリン・アレクサンダー、「透明人間」のユーナ・オコナー、「明日の太陽」のマリオン・クレイトン、舞台俳優たりしアイアン・ウルフ、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス等が出演。

みんなのレビュー

「白い蘭」のレビューを書く

「白い蘭」のストーリー

ヴィクトリア王朝華やかなりし19世紀の末朝ロンドン・ウインポール街に居を定むるバレット一家の上には陰鬱な日が続いた。当主エドワードの峻厳な性格と長女エリザベスの病弱とがその原因の主なるものであった。長年病床にあるエリザベスには何等生への執着は無かったがその情熱は詩によって発揮された。そうして当時詩壇で売出しの青年詩人ロバート・ブラウニングとの文通が僅かに生の慰めであった。父エドワード・バレットは信心深く且つ奇癖とも称するべき峻厳さで多勢の伜や娘らを扱ったが、就中エリザベスに対する偏愛は異常なものであった。彼は長女をイタリアへ転地させよという医師の勧告を一言の下に退けた。エリザベスを手放す事は彼には想像も出来ぬ不可能事だった。詩と文通によって結ばれたエリザベスとロバートがついに対面の機会が来た。詩人同士の情熱は燃えて火となり恋となった。「恋」を知ったエリザベスの身内には再び生への憧憬がわき健康は日増しに回復した。それを喜んだのはロバートであり、喜ばぬのはちちエドワードだった。エリザベスの病気回復はやがて彼女を自分の手から放さねばならぬ前提だったからである。エリザベスが父に対する愛情は父の我執、奇嬌、暴力、残虐の性格を知るに連れて恐怖と変わっていった。と同時にロバートの情熱と献身的な愛とは彼女の心に初めて人間的な温かさと明るさをもたらし、永遠に変わらぬ心の愛が生まれた。彼女はついに父を捨てて愛人に走った。陰鬱なウィンポール街の邸を去って2人に明るい南欧の旅が前途に待っていた。

「白い蘭」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「白い蘭」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 M.G.M映画
レイティング

「白い蘭」のみんなのレビュー

「白い蘭」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/27

塚本高史(1982)

キスカム! COME ON,KISS ME AGAIN!

若手監督・松本花奈が贈るロマンティック・コメディ。内気な橋口海はある日、恋人のサヤにフラれた上、勤務先の化粧品会社から子会社への出向を命じられる。ところが、出向先は“キスによって恋人たちのよりを戻す恋愛コンサル”という奇妙な会社で……。出演は「サヨナラまでの30分」の葉山奨之、「アパレル・デザイナー」の堀田茜、「午前0時、キスしに来てよ」の八木アリサ。

いつくしみふかき

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞した人間ドラマ。出生時に父・広志が盗みを働き悪魔の子と言われる進一が教会に駆け込んだところ、同じ教会に身を寄せた広志と互いに親子と知らずに共同生活を始める。劇団チキンハート主宰・遠山雄が知人の実体験の映画化を企画、知人をモデルにした息子の進一を演じている。また、バイプレイヤーとして数々の作品に出演する渡辺いっけいが映画初主演。監督は、初監督短編「ほるもん」が2011年度ショートショートフィルムフェスティバルNEOJAPAN部門に選出され、劇団チキンハート、大山劇団の作・演出家を務める大山晃一郎。第5回新人監督映画祭観客賞、第5回富士湖畔の映画祭作品賞・監督賞・最優秀助演俳優賞ほか多数の映画祭で受賞。
工藤遥(1999)

樹海村 じゅかいむら

2020年に大ヒットした「犬鳴村」に続く“恐怖の村”シリーズ第2弾。古くから人々を戦慄させてきた禍々しい呪いが、不気味で壮大な樹海の奥深くに封印されてから13年。響と鳴の姉妹の前に、“あれ”が出現。そして、樹海で行方不明者が続出する……。出演は「ジオラマボーイ・パノラマガール」の山田杏奈、「太陽の家」の山口まゆ。監督は「犬鳴村」に続き、清水崇が務める。

大コメ騒動

大正7年に富山県の漁師町から広まった米騒動をモチーフにした時代劇。米価高騰に苦しむ主婦たちは、コメの積み出し阻止を試みるも失敗。騒動が地元の新聞に載り、それを見た大阪の新聞社が陳情する主婦たちを女一揆と大きく書き立て、騒動は全国に広まる。「超高速!参勤交代」を手がけた富山県出身の本木克英監督が、日々の暮らしを守ろうとするおかか(女房)たちが声を上げる様子を活写。主演は「白ゆき姫殺人事件」の井上真央。立川志の輔、左時枝、室井滋など富山県出身の俳優が多数揃う。2021年1月1日より富山県先行公開。

NEW今日命日の映画人 10/27

江波杏子(2018)

娼年

性の極限を描いた石田衣良の直木賞候補作を、2016年の舞台に続き松坂桃李主演、「何者」の三浦大輔監督で映画化。ボーイズクラブのオーナー静香に娼夫になるよう誘われるリョウ。女性や恋に興味がなかった彼が、次第に女性の欲望の奥深さに気付いていく。松坂桃李が成長していくリョウを体当たりで演じるほか、元宝塚歌劇団花組トップスターの真飛聖、「アンチポルノ」の冨手麻妙、「関ケ原」の西岡徳馬らが出演。また、舞台版に続き江波杏子が老女役を演じる。

ぶどうのなみだ

心優しい夫婦が営む湖畔のパンカフェを映しスマッシュヒットを記録した「しあわせのパン」の三島有紀子監督と大泉洋が、再びタッグを組んだハートウォーミング・ドラマ。北海道の中西部にある空知を舞台に、父からぶどうの樹と小麦畑を受け継ぎワイナリーを営む兄弟と不思議な魅力のある女性とが出会い、悔しさや悲しさを噛みしめながら距離を縮めていく。大泉洋は夢破れて地元に戻りワイン作りに励むがうまくいかず苦悩する兄を演じる。そんな兄を複雑な思いで見つめる弟に「ヒミズ」の染谷将太が、彼らのもとにやってくるのびのびとした女性に歌手の安藤裕子が扮している。おいしそうな料理や北海道ならではの風景が作品を彩る。2014年10月4日より、北海道先行公開。