指令7で5人消せ!

しれいせぶんでごにんけせ
上映日
1965年4月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション エロス

ここが見どころ

ピーター・ウェルベックの原案を、ピーター・イェルダムが脚色、新鋭ロバート・リンが監督したエロチック・アクション。撮影はニコラス・ローグ、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は「アパッチ(1954)」のレックス・バーカー、ロナルド・フレイザー、アン・スミルナー、「ベケッコ」のヴェロニク・ヴェンデル、ウォルター・リラ、ディエトマー・ションヘルほか。製作はハリー・アラン・タワーズ。

「指令7で5人消せ!」のストーリー

私立探偵スティーヴ(レックス・バーカー)は銅山で巨満の富を築いたといわれるウェクスラー(ウォルター・リラ)に依頼されケープタウンにやって来た。3日前にウェクスラーの執事ベンが殺されたのだが、その犯人を捜してくれ、というものだった。死体の側に1枚の写真が落ちていた。ウェクスラーとベン、現地人のヴァンバーグ、イタリア人のマリオの4人がナチの収容所で撮ったものであった。その写真のことに関してウェクスラーはどうしてか恐怖を抱く。それに彼も同じ写真を持っている。スティーヴは疑問を持ってそれらの人物にあたった。と、案の定そのスティーヴを邪魔する何者かがいた。危険を侵して、ヴァンバーグからマリオのことが聞きだせた。マリオは写真をとって、2、3日後自殺したという。その話を聞き終ったかと思うと、何者かにヴァンバーグが射殺された。その日からウェクスラーの警戒を厳重にした。スティーヴはウェクスラーの秘書ヘルガ、養女のジナ(ヴェロニク・ヴェンデル)、主治医のポール(ディエトマー・ションヘル)、マネジャーのジョージらを紹介されていたが、そのジョージが翌日海で殺された。写真に何かあるとすれば、ジョージがウェクスラーと間違えられたと考えるしかない。いや、彼はこの写真を撮った男なのか。それもちがった。それはクレイマーという男だとわかり、スティーヴは彼を訪れた。彼の話によるとマリオは戦前豊かな銅山を見つけたが、ウェクスラーに嗅ぎつけられ、殺されたのだという。真相はこっちの方らしい。その日の午後、犯人が正面きってウェクスラーに銃を向けてきた。ポールだった。彼はマリオの息子で、真相を遺児に告白していたのだ。連続殺人はウェクスラーに恐怖を与えるためだった。だが、スティーヴの活躍でポールは死んだ。スティーヴは金とヘルガを手に、ケープタウンを後にした。

「指令7で5人消せ!」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「指令7で5人消せ!」のスペック

基本情報
ジャンル アクション エロス
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1965年4月4日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア
レイティング
カラー/サイズ カラー

「指令7で5人消せ!」のみんなのレビュー

「指令7で5人消せ!」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません