死霊のえじき

しりょうのえじき
上映日
1986年4月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

不死者(アン・デッド)たちが人間に襲いかかるという流血ホラー。68年のNight of the Living Dead、77年の「ゾンビ」に続く3部作の最終編。製作は73年以来、ロメロと組んでいるリチャード・P・ルービンスタイン。エグゼクティヴ・プロデューサーはサラ・M・ハッサネイン。監督・脚本はジョージ・A・ロメロ。撮影はマイケル・ゴーニック、音楽はジョン・ハリソン、特殊メイク効果はトム・サヴィーニが担当。出演はロリー・力ーディル、リチャード・リバティほか。

「死霊のえじき」のストーリー

2XXX年。地上にはゾンビが増え、正常な人間1に対してゾンビ40万という割合になっていた。ヘリコプターでフロリダ半島を調査に行った4人、--気丈な女性科学者セイラ(ロリー・カーディル)、無線技師マクダーモット(ジャーレイス・コンロイ)、セイラのボーイフレンドのミゲル(アントン・ディレオ・ジュニア)、パイロットのジョン(テリー・アレクサンダー)--は、軍基地に戻ってくる。ここには国や大企業の重要占類、新聞のマイクロフィルムなどあらゆる記録が保存されていた。この地下で彼ら四人とともにローズ大尉(ジョセフ・ピラト)と兵士、ゾンビ研究者のローガン博士(リチャード・リバティ)、テッド(ジョン・アンプラス)らが暮していた。サラは死人がゾンビにならないようにする研究をし、ローガンはゾンビの馴致法を研究していた。ローズ大尉は研究の遅さにいらだち、軍人と科学者の対立が明らかになってくる。ローガンはバブ(ハワード・シャーマン)と名付けたゾンビをならし、それを見た皆は驚くが、やはりゾンビを飼うことには抵抗があった。ある日、研究用のゾンビを地下壕で捕獲する作業をしている時、ミゲルのミスで兵士とミゲルが噛まれてしまう。ローガンがバブに死んだ兵士の生肉を与えたことが知れ、大尉は激怒しローガンを射殺。さらにテッドを殺し、セイラとマクダーモットをゾンビのいる地下壕においやり、ジョンにヘリを操従させて脱出を企む。だが、ジョンは逃げ出し、地下壕へ入りセイラらを追う。一方、ミゲルは地上へ出るエレヴェーターを作動させ、自らの身をゾンビの前に投げ出した。ゾンビたちはエレヴェーターで地下へなだれ込み、兵士たちをひきちぎり、内臓をむさぼった。ローズ大尉はバブに射ち殺された。地下壕でゾンビたちを射殺し、からくも逃れるセイラ、マクダーモット、ジョン。3人はヘリに逃げ込む。その後、孤島の海辺で日光を浴びてのんびりしている3人の姿が見られた。

「死霊のえじき」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死霊のえじき」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986年4月12日
製作会社 ローレル・プロ作品
配給 東北新社/東映クラシックフィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「死霊のえじき」のみんなのレビュー

「死霊のえじき」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「死霊のえじき」を観ているあなたにおすすめの映画