白絹の女

しろきぬのおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

デイヴィッド・ライルが1916年に著した同じ名の小説から脚色したもので、「世界に鳴る女」「黄金の篭」と同じくサム・ウッド監督、グロリア・スワンソン主演になったもので、対手は「焼け爛れし翼」のコンラッド・ネーゲルと「運命の鼓」のロバート・ケインとである。

「白絹の女」のストーリー

ランス・ベルウは妻ベティーと子供とを顧みず、ナオミという女の家に入り浸っていた。彼の朋友ジェリー・ウッドラフはベティーに同情していたが、予てベティーを追出してベルーと結婚しようと企んでいたナオミは、ジェリーとベティーが道ならぬ道に踏み入っているとベルウに語って、彼の嫉妬を煽り、ベルウはジェリーと争って、彼を射殺した。ベティーは我子可愛さの余りから夫に有利な証言をしたのでベルウは無罪となったが、彼は直ちに離婚の訴訟を起して勝ち、子供ランスをも引取ることになったので、悲しみを忘れ世の侮りから遠ざかるためにヨーロッパへ向う汽船に乗っていたベティーの手から、愛児は連れ去られて終ったのであった。フランス西ドウヴィルにおいて、ベティーは船中で知り合いになった小説家ジョン・ヘルスタンと恋仲となるが、彼女を知るアリスは嫉妬から悪い評判を立てたので、ジョンの父までもベティーを誤解し、息子の将来の為に彼のことを思い諦めてくれと彼女に頼む。涙を隠してベティーはある宴会の席上で心にもない放らつを装い、ジョンを失望させたが、ベティーの叔母がベルウからフランスを取戻してここへ来、全ての事情を説明したため、ベティーはジョンとの新しい恋に酔う事が出来た。

「白絹の女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「白絹の女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 パラマウント映画
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「白絹の女」のみんなのレビュー

「白絹の女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません


「白絹の女」を観ているあなたにおすすめの映画