シーバの女王

しーばのじょうおう
製作国
アメリカ

ジャンル
歴史劇

ここが見どころ

「クレオパトラ(1963)」「サロメ(1918)」以上に大掛かりのフォックス映画社特作歴史劇で、例によってJ・ゴードン・エドワーズ氏の監督に成ったもの主役のシーバの女王には妖艶ベティー・ブライス嬢が扮し、「我れ若し王者なりせば」出演のフリッツ・ライバー氏がソロモン王に、その他ジョージ・シーグマン氏、ハーバート・ヘイス氏、ハーシェル・メイオール氏等も出演する。

「シーバの女王」のストーリー

姉の弄ばれた復讐にシーバの女王は結婚式の夜夫なる王を刺した。王の暴威を恨んでいた人民は女王を国主に戴く事を誓う。女王は当時権政並びなきソロモン王を訪ひ、王の歓待を受けて滞在する。絶世の美女シーバの女王と名君ソロモン王とは熱烈な恋の美酒に酔ったが、2人、の別れねばならない日は遂に来た。ソロモン王の情を宿して女王は国へ帰った。2人の間に生まれた子が4歳に成った時、女王は彼を父なるソロモン王の許へ訪れさせる。王は喜び迎えたが、予て王位を窺う王弟アドニジアは彼が王の世嗣と成るを恐れ彼を亡き者にせんと悪計を廻らす。シーバの女王は我子危しと聞き、大軍を率いてソロモン王の許へ馳せ付ける。女王の救援によって王も危きを逃れ子供も幽閉された墓より救われる。女王は再び悲しい別れを王に告げ、我が国指して引き上げた。

「シーバの女王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「シーバの女王」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1921
製作会社 フォックス特作映画
配給 フォックス社
レイティング

「シーバの女王」のみんなのレビュー

「シーバの女王」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。