死の接吻(1947)

しのせっぷん
上映日
1952年9月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「幸福の森」のフレッド・コールマーが製作し、「砂漠の鬼将軍」のヘンリー・ハサウェイが監督に当った犯罪ドラマ1947年作品。地方検事補エリザー・リプスキーが書いた実話に基づいて「白い恐怖」のベン・ヘクトと「僕は戦争花嫁」のチャールズ・レデラーが共同で脚色した。撮影は「砂漠の鬼将軍」のノーバート・ブロディン、作曲はデイヴィッド・バトルフの担当。主演は「サムソンとデリラ」のヴィクター・マチュア、「暴力帝国」のブライアン・ドンレヴィ、「赤い河」のコリーン・グレイ、「情無用の街」のリチャード・ウィドマークの4人で、「欲望という名の電車」のカール・マルデン、「ウィンチェスター銃'73」のミラード・ミッチェル、「我が心の呼ぶ声」のミルドレッド・ダンノック、テイラー・モームズらが助演。

「死の接吻(1947)」のストーリー

前科者ニック・ビアン(ヴィクター・マチュア)は相棒と一緒に紐育の宝石商を襲い、逃走するとき警官の弾丸に負傷して1人逮捕された。ニックは20年の刑期をつとめることになった。地方検事補ダンジェロ(ブライアン・ドンレヴィ)は、ニックが共犯者の名前を白状すれば減刑し仮出所させてやると持ちかけたがニックは拒んだ。1年後、彼の一味が彼の妻に分け前を与えなかったので、妻は生活に困って自殺し、2人の子は孤児院に入っていることを、ネッティ(コリーン・グレイ)という娘がニックに知らせた。ニックは彼らに復讐するためにダンジェロに共犯者を白状した。共犯者は直ちに逮捕されたが、ダンジェロは、ニックのいかさま顧問弁護士ハウザーに、密告したのは一味のリゾだと思わせるため、リゾだけを見逃した。ハウザーはギャングのトミー・ユードー(リチャード・ウィドマーク)を使ってリゾを殺させようとした。だがリゾは逃亡したので、ユードーはリゾの母を殺した。それを知ったニックはダンジェロに告げ、ニックは仮出所を許された。彼は2人の子供を孤児院から引取りネッティと結婚して他の街に移った。ユードーはハウザーの力で無罪となり、ニックを狙った。ニックはユードーと対決する決心を固めた。ある料理店でニックはユードーに会い、射たれて重傷を負った。だが駆けつけた警官隊はニックを救い、ユードーを射殺した。

「死の接吻(1947)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死の接吻(1947)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1947
公開年月日 1952年9月18日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス[極東]
レイティング

「死の接吻(1947)」のみんなのレビュー

「死の接吻(1947)」のレビューを書く

「死の接吻(1947)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません