アパッチ族の最後

あぱっちぞくのさいご
上映日
1951年7月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

大衆的西部小説作家ルーク・ショートの原作を、「大草原」のマーゲリット・ロバーツが脚色し、「打撃王」「甦える熱球」のサム・ウッドが最後に監督した作品。撮影はハロルド・リップステイン、作曲は「傷心の愛」のルドルフ・G・コップが担当。主演は「大編隊」のロバート・テイラーで「戦場(1949)」のジョン・ホディアク、「逃げた花嫁」のアーレン・ダール、「裸の町」のドン・テイラー、「アダム氏とマダム」のジーン・ヘイゲン、「スイングの少女」のレオン・エイムス、そのほかブルース・コーリング、ジョン・マッキンタイア、パット・モリアリティ、チャールズ・スティーヴンスらが助演。アーマンド・ドゥイッチ製作の1950年作品の西部劇。

「アパッチ族の最後」のストーリー

1878年。ディアブリトの率いる獰猛なアパッチ族が占拠しているアリゾナの砂漠に、金鉱を探鉱に来たウォード・キンズマン(ロバート・テイラー)は、プレヴァリー少佐(レオン・エイムス)を隊長とする守備隊で、アパッチ族に姉を連れ去られたアン(アーレン・ダール)を紹介される。彼女の姉を奪い返すための道案内を頼まれ、アンの姉を思う心に動かされ、キンズマンはその役目を引き受ける。兵隊たちの給料支払日、給与金を届けたクレーグ警備隊からの1隊を送って、ロリソン大尉(ジョン・ホディアク)の指導する部隊が出発するのにキンズマンも同行し、途中でアパッチ族の通った跡を見つける。キンズマンは分遣隊を伴ってアパッチの寝込みを襲うが、アンの姉はおらず、ディアブリトの本隊は去った後だった。愈々アパッチの本隊を襲撃することになり、ウォルヴァスンの率いる1隊とキンズマンが先導するロリスンの隊と二手に分かれた。ロリスンの隊はキンズマンの計略がみごとにあたってアパッチを敗走せしめ、アンの姉を救い出すことに成功。逃げのびたディアブリトとその残兵は、米軍の通路を狙って待ち伏せし、ロリスンの隊は不意をつかれ、苦戦の後双方全滅した。僅かに遅れて駆けつけたキンズマンは、ディアブリトに射たれようとする瞬間、一瞬早くディアブリトを射ち倒すのだった。

「アパッチ族の最後」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アパッチ族の最後」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1951年7月10日
製作会社 M・G・M映画
配給 セントラル
レイティング

「アパッチ族の最後」のみんなのレビュー

「アパッチ族の最後」のレビューを書く

「アパッチ族の最後」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません