アパッチ族の最後

あぱっちぞくのさいご
上映日
1951年7月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

大衆的西部小説作家ルーク・ショートの原作を、「大草原」のマーゲリット・ロバーツが脚色し、「打撃王」「甦える熱球」のサム・ウッドが最後に監督した作品。撮影はハロルド・リップステイン、作曲は「傷心の愛」のルドルフ・G・コップが担当。主演は「大編隊」のロバート・テイラーで「戦場(1949)」のジョン・ホディアク、「逃げた花嫁」のアーレン・ダール、「裸の町」のドン・テイラー、「アダム氏とマダム」のジーン・ヘイゲン、「スイングの少女」のレオン・エイムス、そのほかブルース・コーリング、ジョン・マッキンタイア、パット・モリアリティ、チャールズ・スティーヴンスらが助演。アーマンド・ドゥイッチ製作の1950年作品の西部劇。

「アパッチ族の最後」のストーリー

1878年。ディアブリトの率いる獰猛なアパッチ族が占拠しているアリゾナの砂漠に、金鉱を探鉱に来たウォード・キンズマン(ロバート・テイラー)は、プレヴァリー少佐(レオン・エイムス)を隊長とする守備隊で、アパッチ族に姉を連れ去られたアン(アーレン・ダール)を紹介される。彼女の姉を奪い返すための道案内を頼まれ、アンの姉を思う心に動かされ、キンズマンはその役目を引き受ける。兵隊たちの給料支払日、給与金を届けたクレーグ警備隊からの1隊を送って、ロリソン大尉(ジョン・ホディアク)の指導する部隊が出発するのにキンズマンも同行し、途中でアパッチ族の通った跡を見つける。キンズマンは分遣隊を伴ってアパッチの寝込みを襲うが、アンの姉はおらず、ディアブリトの本隊は去った後だった。愈々アパッチの本隊を襲撃することになり、ウォルヴァスンの率いる1隊とキンズマンが先導するロリスンの隊と二手に分かれた。ロリスンの隊はキンズマンの計略がみごとにあたってアパッチを敗走せしめ、アンの姉を救い出すことに成功。逃げのびたディアブリトとその残兵は、米軍の通路を狙って待ち伏せし、ロリスンの隊は不意をつかれ、苦戦の後双方全滅した。僅かに遅れて駆けつけたキンズマンは、ディアブリトに射たれようとする瞬間、一瞬早くディアブリトを射ち倒すのだった。

「アパッチ族の最後」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アパッチ族の最後」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1951年7月10日
製作会社 M・G・M映画
配給 セントラル
レイティング

「アパッチ族の最後」のみんなのレビュー

「アパッチ族の最後」のレビューを書く

「アパッチ族の最後」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。